「心のSOS」摂食障害の根底にあるもの | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
摂食障害:「やせたい」に潜む心の病
第一回

「心のSOS」摂食障害の根底にあるもの

中学時代の友人に「太ったね。誰だか分からなかったよ」と言われたことを機にダイエットを始めた渋谷哲生さん。次第に体重を減らすことに夢中になっていきました。

 

渋谷さんは摂食障害経験者です。摂食障害になるのは大半が女性ですが、男性も摂食障害になります。

 

高校入学後、渋谷さんは「新しい人と関係を築くのが不安で自分から友人に話しかけることできず」1ヶ月で中退。部活動もなくなり、昼夜逆転の生活のなかで体重は増加。そのときに言われたのが冒頭の友人の言葉でした。

 

子どもたちに笑われながらもサウナスーツを着て歩き、半身浴をし、サンドバックや足ふみ機など、家でもできるダイエットグッズを購入。

 

とにかく体重計の数字を減らしたい。

 

その一心で、低カロリー食品や炭酸飲料を中心にした食生活を続けていました。

体重は3ヶ月で20キロほど減ったといいます。

 


渋谷さんは現在、みずから立ち上げた摂食障害の当事者団体「たちあおい」(埼玉県・さいたま市)を運営しています。


「当時は視野が狭かったんです。『みんなと同じでなければならない』という鎖で自分を縛っていました。周りの友人が高校に通っているなかで、高校を辞めた自分はダメな人間だと思っていました」

 

友人と同じように学校へ通っていないことへの劣等感や不安を抱えながらも、そのことを「身近な人に安心して話せる環境がなかった」と言います。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

リディラバジャーナルの他の特集
摂食障害
全8回
1-1.「心のSOS」摂食障害の根底にあるもの