【ソーシャル・インパクト・ボンドのあけぼの】 ソーシャル・インパクト・ボンド拡大の壁と今後の展望 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

【ソーシャル・インパクト・ボンドのあけぼの】
ソーシャル・インパクト・ボンド拡大の壁と今後の展望

社会課題解決のための新たな選択肢として登場したソーシャル・インパクト・ボンド(以下SIB)。今回はマーケティングの力でガン検診受診率向上を目指し、東京都八王子市で日本初のSIBを実施した事例をもとに、民間事業者の福吉さん、中間支援組織の幸地さんに、自治体の課題や中間支援組織の役割、そして今後のSIBの展望について語ってもらった。

 

 

(写真奥から) 

  • 幸地 正樹(ケイスリー株式会社代表取締役)
  • 福吉 潤(株式会社キャンサースキャン代表取締役社長)
  • 安部 敏樹(株式会社Ridilover代表取締役/一般社団法人リディラバ代表理事)

 

※本特集は全三回でお送りします。

第一回:民間セクター主導の行政改革「ソーシャル・インパクト・ボンド」とは

第二回:ガン検診受診率が3倍に。日本初のソーシャル・インパクト・ボンドの実態

...