スクールロイヤー導入に見る、ロビイングの進め方 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

スクールロイヤー導入に見る、ロビイングの進め方

学校を取り巻く問題に法的なアドバイスをする弁護士・スクールロイヤー。

 

文部科学省が導入に向けた調査研究事業を進めているほか、独自に弁護士を雇い、すでに制度化している自治体もある。

 

東京・江東区も、2019年度からスクールロイヤー制度を導入。その背景には、弁護士によるロビイングがあった。

 

今回は、江東区に事務所を構え、同区のスクールロイヤーも務める鬼澤秀昌弁護士に、今回のロビー活動について話を聞いた。

 

※本特集は前後編でお送りします。

前編:弁護士が解説する、スクールロイヤーの現状と課題

 


食品ロス問題でロビイングに関わる

...

リディラバジャーナルの他の特集