生活保護、不正受給における「不正」の内実 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
4
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
2019/7/11(木)
生活保護、不正受給における「不正」の内実
2019/7/11(木)
Display ios %e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f  5 %e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc2
no.
4
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
2019/7/11(木)
生活保護、不正受給における「不正」の内実
2019/7/11(木)
構造化特集 : 生活保護バッシング
構造化の視点
Icon triangle right

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それに

・・・もっと見る

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それにより、最低限の生活基準に満たない経済状況で過ごしているにもかかわらず、生活保護の利用を敬遠する人たちがいます。本特集では、生活保護の実態と課題、そして生活保護バッシングが発生する背景を「構造化」します。

Display frame 5 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「身体が悪くて働けないと言っていたのに、実際は働いて収入を得ていた」

「架空の勤務先を市に申告して、実際よりも収入を少なく見せかけていた」

「自動車などの資産を保有しているにもかかわらず、申告していなかった」

 

不正受給は、生活保護における一大イシューとして、メディアを賑わせ続けている。

 

2019年7月にも、7年間で生活保護費600万円近くを不正受給していた60代の男性が、詐欺罪で刑事告訴・起訴された。

 

だが、ニュースあるいは番組などで報じられるケースは不正受給のあくまで一側面でしかない、という指摘がある。

悪意のないケースも「不正」扱いに?

2017年度の生活保護における不正受給件数は、3万9960件、金額にすれば155億3001万円。同年の件数ベースでは全体の2%程度、金額ベースでは全体の約0.4%だ。...

構造化特集 : 生活保護バッシング
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
生活保護バッシングが生む弊害
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
イメージで語られがちな生活保護の実態
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
安部コラム
no.
11
Icon folder