no.
4
持ち込まれる犬猫たち
2020/2/28(金)
地域コミュニティから見る野良猫問題
2020/2/28(金)
no.
4
持ち込まれる犬猫たち
2020/2/28(金)
地域コミュニティから見る野良猫問題
2020/2/28(金)
構造化特集 : 犬猫の殺処分
構造化の視点

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺

・・・もっと見る

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。


ある人にとっては、ついかまってあげたくなるかわいい動物。しかし、ある人にとっては地域の環境を荒らす厄介者でもあるーー。

 

そんな野良猫が収容され、殺処分されている現状がある。

 

環境省の調査によれば、2018年度に保健所や動物愛護センターが引き取った「所有者不明」の猫は4万5950頭。飼い主に捨てられた猫も含め、その多くが野良猫だ。

 

そもそも野良猫はなぜ発生してしまうのか。そしてなぜ殺処分されてしまうのだろうか。

過剰繁殖をきっかけに地域問題に発展

まず、野良猫が発生する要因の一つに過剰繁殖がある。

 

猫は1頭あたり1年間で20頭以上を出産できる高い繁殖力を持つ。野外で飼われている猫や捨てられた猫が繁殖し、野良猫が大量発生すると、住居の庭を荒らしたり、糞尿を垂れ流したりと、地域環境への被害が発生しやすくなる。住民の苦情が増え、被害防止のため保健所や動物愛護センターに収容される。

 

 

また、住民の餌やりがこの被害を促進させているという見方もある。餌を与えることで野良猫が健康になり寿命が伸びて、過剰繁殖につながる。放置された餌から害虫や悪臭が発生し、周囲の人間が迷惑する。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 犬猫の殺処分
×
CONTENTS
intro
ペット産業の現状と課題
no.
1
no.
2
持ち込まれる犬猫たち
no.
3
no.
4
「殺処分ゼロ」という目標の成果と弊害
no.
5
no.
6
殺処分数を減らすためには
no.
7
安部コラム
no.
8