no.
2
政府
2020/5/18(月)
感染症対策における民主主義国家としてのジレンマ
2020/5/18(月)
no.
2
政府
2020/5/18(月)
感染症対策における民主主義国家としてのジレンマ
2020/5/18(月)
構造化特集 : 新型コロナウイルス
構造化の視点

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症。その対策

・・・もっと見る

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症。その対策における日本の政治的意思決定と、それらを国民に届けるパブリックコミュニケーションおよびオペレーションの課題について、政府、地方自治体、医療現場、そして国民の視点から考えていく。

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症。その対策における日本の政治的意思決定と、それらを国民に届けるパブリックコミュニケーションおよびオペレーションの課題について、政府、地方自治体、医療現場、そして国民の視点から考えていく。

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症。その対策における日本の政治的意思決定と、それらを国民に届けるパブリックコミュニケーションおよびオペレーションの課題について、政府、地方自治体、医療現場、そして国民の視点から考えていく。


感染症の蔓延という緊急事態において、政府の迅速で的確な意思決定やリーダーシップが問われている。だが、有事における意思決定には困難が伴う。その意思決定を難しくしているのは何なのか。公共政策の専門家に話を聞いた。

私たちはどのような政治のあり方を望むのか

感染症対策においては迅速な対応が効果的とされるが、PHP総研主席研究員であり、立教大学大学院で公共政策を専門とする亀井善太郎教授は、政府の意思決定について、「そもそも早ければいいのか、という問題があります」と言う。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 新型コロナウイルス
×
CONTENTS
intro
医療現場
no.
1
政府
no.
2
地方自治体
no.
3
no.
4