出所者の刑務所再入率4割“連鎖する犯罪” | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
1
People
出所者の背景
2018/5/22(火)
出所者の刑務所再入率4割“連鎖する犯罪”
2018/5/22(火)
Display img 0154  1  fotor fotor
no.
1
People
出所者の背景
2018/5/22(火)
出所者の刑務所再入率4割“連鎖する犯罪”
2018/5/22(火)
構造化特集 : 出所者の社会復帰
構造化の視点
Icon triangle right

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑

・・・もっと見る

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑務所を出所した人のうち、5年以内に再び刑務所に入所する人の割合は約50%に上ります。彼らはなぜ再犯してしまうのか。特集では、犯罪に至るまでの課題、刑務所の課題、そして社会復帰の課題を見ていきます。

Display frame 35 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「当時流行っていた『ビー・バップ・ハイスクール』という漫画の影響で、小学校6年生のときから友達の家でタバコを吸っていました。その頃から、万引きとかも始めました。それもスリルがあって盗んだという感じでした。友達もやってるので、じゃあ俺も負けてらんないと」

 

「不良」の道へと歩み始めた過去を振り返るのは、元受刑者の遊佐学(ゆさ・まなぶ)さん。

 


今はアルコール依存やギャンブル依存に苦しむ人々の依存症回復支援を目指す遊佐さん。

 

遊佐さんは、中学校卒業後は進学せず、土木工事現場で働いていました。

 

暴走族にも所属しており、18歳のときに暴走族同士の抗争で捕まり、少年院に入院。

その後、覚せい剤に依存するようになり、覚せい剤の売買で逮捕、刑務所に二度入所しました。

 

そんな遊佐さんは現在、自らの教訓を活かし、依存症からの回復を支援する株式会社ヒューマンアルバ(神奈川県川崎市)でトレーナーとして働いています。

...

構造化特集 : 出所者の社会復帰
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
出所者の背景
no.
1
Icon folder
People
刑務所内の支援
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
出所者と社会
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
People
出所者の就労
no.
6
Icon folder
People
安部コラム
no.
7
Icon folder