no.
6
安部コラム
2018/7/23(月)
リディラバ安部の考える「難病政策」
2018/7/23(月)
no.
6
安部コラム
2018/7/23(月)
リディラバ安部の考える「難病政策」
2018/7/23(月)
構造化特集 : 難病
構造化の視点

現状の医療では治らない病、難病。じつは、同じように困難

・・・もっと見る

現状の医療では治らない病、難病。じつは、同じように困難を抱えている難病に、「指定難病」とそれ以外の難病という線引きがされています。では、指定難病となっていない当事者にはどのような問題が生じているのか。また、こうした問題を解消するにはどうすればいいのか、考えていきます。

現状の医療では治らない病、難病。じつは、同じように困難を抱えている難病に、「指定難病」とそれ以外の難病という線引きがされています。では、指定難病となっていない当事者にはどのような問題が生じているのか。また、こうした問題を解消するにはどうすればいいのか、考えていきます。

現状の医療では治らない病、難病。じつは、同じように困難を抱えている難病に、「指定難病」とそれ以外の難病という線引きがされています。では、指定難病となっていない当事者にはどのような問題が生じているのか。また、こうした問題を解消するにはどうすればいいのか、考えていきます。


リディラバジャーナル編集長の安部です。特集「難病:制度の谷間に陥る人々」はいかがだったでしょうか。今回は指定難病制度を起点に、誰しも耳にしたことがある「難病」ということばを取り上げました。リディラバにも以前、指定難病を患うスタッフがいたことがあり、私としても当然他人事ではないテーマでした。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 難病
×
CONTENTS
intro
難病当事者の実態
no.
1
no.
2
制度の問題点
no.
3
no.
4
指定難病の枠組みを超えて
no.
5
安部コラム
no.
6