「プラスチックごみ」がもたらす海への脅威 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
2
People
捨てられたプラスチックごみの行方
2019/2/8(金)
「プラスチックごみ」がもたらす海への脅威
2019/2/8(金)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 02 04 10.24.21
no.
2
People
捨てられたプラスチックごみの行方
2019/2/8(金)
「プラスチックごみ」がもたらす海への脅威
2019/2/8(金)
構造化特集 : プラスチックごみ
構造化の視点
Icon triangle right

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中

・・・もっと見る

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

2018年5月、タイ南部の海岸に一頭のクジラが打ち上げられた。体長約4.5メートルのクジラは間もなく死亡した。

 

研究者らがそのクジラを解剖したところ、体内から約80枚のビニール袋が見つかり、それが原因で栄養をとれなくなって死んだと見られている。

 

同12月には、インドネシアの海岸に打ち上げられたクジラから、大量のプラスチックごみが見つかった。

 

このクジラは体長約9.5メートル。死因との直接的な関連はわかっていないが、クジラの胃袋からは、2足のビーチサンダル、115個のコップ、25枚のビニール袋、4本のペットボトルなどが見つかったという。

 

世界自然保護基金(WWF)は、このクジラが飲み込んだとされるプラスチックごみの写真をTwitterに掲載している。

 

 

クジラから出てきたプラスチックごみの総重量は6キロにも及んでいた。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : プラスチックごみ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
捨てられたプラスチックごみの行方
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
プラスチックごみリサイクルの実態
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
消費から考えるプラスチック
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder