問われる「プラスチック大量消費」社会 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
5
People
消費から考えるプラスチック
2019/2/14(木)
問われる「プラスチック大量消費」社会
2019/2/14(木)
Display shutterstock 1159410598
no.
5
People
消費から考えるプラスチック
2019/2/14(木)
問われる「プラスチック大量消費」社会
2019/2/14(木)
構造化特集 : プラスチックごみ
構造化の視点
Icon triangle right

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中

・・・もっと見る

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「2042年までに、不要なプラスチックをゼロにするーー」

 

2018年1月、イギリスのメイ首相はそう発表し、2019年からストローや綿棒といった使い捨てプラスチックの販売を禁止する方針を示した。

 

「プラスチックごみは世界が直面する最大の環境問題の一つ」とメイ首相が語るように、いま世界では使い捨てプラスチックごみの問題に対する取り組みが活発化している。

 

その背景には、近年クローズアップされた海洋プラスチックごみの問題がある。

 

Shutterstock.com

 

プラスチックごみがもたらす弊害は拡大し続けており、それによって、私たちのプラスチックに依存した生活のあり方が問われ始めている。

プラスチック消費大国の日本

軽くて安価なのに丈夫ーー。プラスチックは私たちの生活に大きな恩恵をもたらしてきた。食品を包装する容器や買い物の際のレジ袋など、いまやプラスチックのない社会は考えられなくなっている。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : プラスチックごみ
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
捨てられたプラスチックごみの行方
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
プラスチックごみリサイクルの実態
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
消費から考えるプラスチック
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder