グローバル化が進む学校現場 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
1
People
学校生活
2019/3/25(月)
グローバル化が進む学校現場
2019/3/25(月)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 09 11.34.06
no.
1
People
学校生活
2019/3/25(月)
グローバル化が進む学校現場
2019/3/25(月)
構造化特集 : 外国ルーツの子ども
構造化の視点
Icon triangle right

いま、日本では外国にルーツを持つ子どもが増えています。

・・・もっと見る

いま、日本では外国にルーツを持つ子どもが増えています。彼・彼女らは自らの意思にかかわらず、突然日本で暮らすことなります。しかし、学校現場では日本語が十分に理解できない子どもへのサポート体制は追いついていません。そこで、学校、地域、家庭など子どもを取り巻く環境からどのような課題があるのか探ります。

Display frame 19 min

いま、日本では外国にルーツを持つ子どもが増えています。彼・彼女らは自らの意思にかかわらず、突然日本で暮らすことなります。しかし、学校現場では日本語が十分に理解できない子どもへのサポート体制は追いついていません。そこで、学校、地域、家庭など子どもを取り巻く環境からどのような課題があるのか探ります。

いま、日本では外国にルーツを持つ子どもが増えています。彼・彼女らは自らの意思にかかわらず、突然日本で暮らすことなります。しかし、学校現場では日本語が十分に理解できない子どもへのサポート体制は追いついていません。そこで、学校、地域、家庭など子どもを取り巻く環境からどのような課題があるのか探ります。

Display frame 19 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

新成人の約2人に1人が外国人という東京都新宿区。130を超える国や地域の人々が暮らす。

 

外国籍の子どもも増えており、新宿区立の小・中学校に通う児童生徒のうち、約20人に1人が外国籍だ。

 

区立大久保小学校では、特別永住者なども含む「外国にルーツを持つ子どもたち」の割合が区内で最も多く、約6割を占める。

 

大久保小学校には日本語指導のための教員が配置される「日本語学級」が設けられているため、学区外からも通学を希望する子どもがいるという。

手厚い日本語学習支援

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 外国ルーツの子ども
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
学校生活
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
地域の学び舎
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
高校の壁
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder