グローバル化が進む学校現場 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
外国ルーツの子ども:まだ見ぬ多文化共生社会に向けて
第一回

グローバル化が進む学校現場

新成人の約2人に1人が外国人という東京都新宿区。130を超える国や地域の人々が暮らす。

 

外国籍の子どもも増えており、新宿区立の小・中学校に通う児童生徒のうち、約20人に1人が外国籍だ。

 

区立大久保小学校では、特別永住者なども含む「外国にルーツを持つ子どもたち」の割合が区内で最も多く、約6割を占める。

 

大久保小学校には日本語指導のための教員が配置される「日本語学級」が設けられているため、学区外からも通学を希望する子どもがいるという。

手厚い日本語学習支援

...

リディラバジャーナルの他の特集
外国ルーツの子ども
全6回
1-1.グローバル化が進む学校現場