no.
8
People
出産
2019/6/24(月)
いかに妊婦の自己決定を支援するか
2019/6/24(月)
Display shutterstock 663728050
no.
8
People
出産
2019/6/24(月)
いかに妊婦の自己決定を支援するか
2019/6/24(月)
構造化の視点
Icon triangle right

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だ

・・・もっと見る

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

Display frame 17 min

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

Display frame 17 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open article index

若年者の場合は困難のひとつともされる「妊娠」。一方で、妊娠はもともと生きづらさを抱えていた女性たちが、支援者とつながるきっかけにもなりえる出来事だ。

 

では、その妊娠期にどのような支援が必要なのか。今回は、児童虐待や貧困の連鎖をはじめ、さまざまな社会問題の予防につながる“妊婦の支援”について考える。

「助けて」と言える相談先がない

「出産、中絶どちらを選んでも、妊娠をきっかけに、今まで孤立していた人たちが頼れる相談先を見つけて、自分らしい幸せな人生を歩んでいってほしい」――。

 

こう語るのは、中島かおりさん。妊娠にまつわる相談・支援を行うNPO法人ピッコラーレ(旧・一般社団法人にんしんSOS東京、東京都豊島区)の代表理事を務める。

 

NPO法人ピッコラーレ代表理事の中島さん。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
避妊
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
中絶
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
出産
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
安部コラム
no.
9
Icon folder