no.
6
中絶
2019/6/20(木)
「医療は人を罰するものではない」産婦人科医が語る日本の中絶現場の課題
2019/6/20(木)
no.
6
中絶
2019/6/20(木)
「医療は人を罰するものではない」産婦人科医が語る日本の中絶現場の課題
2019/6/20(木)
構造化の視点

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だ

・・・もっと見る

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。


世界では薬の服用による、安全な中絶方法(Safe Abortion)が認められているにもかかわらず、日本では「時代遅れ」といわれる中絶手術がいまだに行われている。

 

医療先進国といえる日本でなぜこうした事態が生じているのか――。

 

中絶についての研究を行う産婦人科医の遠見才希子(えんみ・さきこ)さんは、世界から遅れた中絶現場の実態を掘り下げると、社会的な中絶罪悪視や男尊女卑、既得権益などの問題があるのではないかと言う。

 

今回は遠見さんに、日本の中絶からみえてきた医療現場の課題について聞いた。

 

産婦人科医の遠見さん。

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
避妊
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
中絶
no.
5
no.
6
出産
no.
7
no.
8
安部コラム
no.
9