no.
7
出産
2019/6/21(金)
「若いからダメな母親と決めつけないでほしい」10代で出産した母が伝えたいこと
2019/6/21(金)
no.
7
出産
2019/6/21(金)
「若いからダメな母親と決めつけないでほしい」10代で出産した母が伝えたいこと
2019/6/21(金)
構造化の視点

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だ

・・・もっと見る

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。

意図しない妊娠の割合が高い10代の妊娠。10代の中絶だけでも1日あたり約40件、年間にして1万件以上行われています。本特集では、その背景に潜む性教育の課題や、避妊へのアクセスハードルの高さなどの社会の側の問題にフォーカス。性と生殖の自己決定を歪める社会の構造を考えます。


「喜ばれない妊娠なんてないと思っていました」――。

 

こう語るのは、セラピストの坂田まことさん(28歳)。一児の母である坂田さんが妊娠したのは、18歳のときだった。

 

今回は10代で妊娠、そして出産を経験した坂田さんに、その若さゆえに抱えてきた葛藤について話を聞いた。


10代の妊娠・出産を振り返る坂田さん。

まさか妊娠するとは思っていなかった

「妊娠が分かったときは、8週くらいのときでした。胸が張って、ふくよかになってきたので、おかしいなと思って。妊娠検査薬を試してみたら、陽性だったんです。彼と出かけたデートの出先にあった薬局で検査薬を買ったときのことは、今でも忘れません」

...

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
避妊
no.
1
no.
2
no.
3
no.
4
中絶
no.
5
no.
6
出産
no.
7
no.
8
安部コラム
no.
9