no.
3
法的観点から見た児童ポルノをめぐる問題
2020/1/29(水)
「起訴してほしいが不起訴に」児童ポルノの起訴が少ない理由
2020/1/29(水)
no.
3
法的観点から見た児童ポルノをめぐる問題
2020/1/29(水)
「起訴してほしいが不起訴に」児童ポルノの起訴が少ない理由
2020/1/29(水)
構造化の視点

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。20

・・・もっと見る

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。


児童ポルノの被害に遭って起訴してほしいと思っても、不起訴にせざるを得ないケースも多い――。

 

前回のインタビューで、検察関係者はそう話した。自撮りによる被害をはじめ事件性が高いにもかかわらず、起訴できずに泣き寝入りする被害者が後を絶たないという。

 

そこには、どのような背景があるのか。

加害者に実名を明かさないと起訴できない

前回インタビューに応じた検察関係者は、その理由として制度上の問題があると指摘する。...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
×
CONTENTS
intro
子どもが児童ポルノとして“消費”されるまで
no.
1
no.
2
法的観点から見た児童ポルノをめぐる問題
no.
3
no.
4
児童ポルノは実加害の引き金になるか
no.
5
no.
6
児童ポルノの流通を防ぐために
no.
7
no.
8
安部コラム
no.
9