もう抱えきれないーー疲弊する犬猫の受け皿 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
5
People
「殺処分ゼロ」という目標の成果と弊害
2020/3/2(月)
もう抱えきれないーー疲弊する犬猫の受け皿
2020/3/2(月)
Display img 7301
no.
5
People
「殺処分ゼロ」という目標の成果と弊害
2020/3/2(月)
もう抱えきれないーー疲弊する犬猫の受け皿
2020/3/2(月)
構造化特集 : 犬猫の殺処分
構造化の視点
Icon triangle right

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺

・・・もっと見る

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

Display %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99%e5%a4%89%e6%9b%b4%e6%ae%ba%e5%87%a6%e5%88%86

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

近年減少しているとはいえ、いまだ解決していない犬猫の殺処分問題。今回の特集では、殺処分される犬猫の「発生」と「保護」の問題に着目。余剰分の犬猫や野良犬猫を発生させてしまう飼い主やペット産業、そしてそれらの犬猫を過剰に抱え込んでしまう動物愛護センターや動物愛護団体。それぞれの課題の背景を解き明かし、殺処分問題を構造化していきます。

Display %e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99%e5%a4%89%e6%9b%b4%e6%ae%ba%e5%87%a6%e5%88%86
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「もちろん動物が好きでしたから、殺処分は苦しい作業でしたよ。ただ、施設が開設された当初はどうしてもやらざるを得なかった」

 

神奈川県動物愛護センターの愛護・指導課長の上條光喜さんは、多くの犬猫を殺処分していた当時をそう振り返る。

 

 

神奈川県は2013年度、横浜市・川崎市・横須賀市を除く県内地域で収容した犬の殺処分ゼロを達成(※)。翌年度には猫も同様に達成し、現在(2019年度)まで犬猫の殺処分ゼロを継続している。

※横浜市・川崎市・横須賀市は各市で動物愛護センターを設置しているため除外されている

 

病気や怪我で回復が見込めず、やむを得ず安楽死させた犬猫などは殺処分としてカウントされていないが、譲渡可能な犬猫については新たな飼い主や動物愛護団体にすべて引き渡している。

 

全国各地の自治体が殺処分数の減少に向けて取り組む中、先駆けて殺処分ゼロを達成できた要因はどこにあるのだろうか。

ボランティアや動物愛護団体の協力なくして、殺処分ゼロはない

神奈川県動物愛護センター(当時の名称は神奈川県犬管理センター)は1972年、飼い主から引き取られた犬や野犬などを処分することを目的に開設。1980年には猫の引き取りも開始した。

 

上條さんは当時の状況についてこう話す。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 犬猫の殺処分
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
ペット産業の現状と課題
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
持ち込まれる犬猫たち
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
「殺処分ゼロ」という目標の成果と弊害
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
殺処分数を減らすためには
no.
7
Icon folder
People
安部コラム
no.
8
Icon folder