やめられない、とまらない…痴漢の実態 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
痴漢大国ニッポン:「社会問題」として考える痴漢
第三回

やめられない、とまらない…痴漢の実態

「『なぜ痴漢をしたのか?』と問いかけても、はっきりとした回答は得られません。彼らはこれまでに数え切れない痴漢行為を繰り返しながら、その理由を深く考えたことはないからです。そこで『痴漢行為を手放すことで、失ったものは何か?』と質問を変えたところ、ある人が“生きがい”と答えたんです。その答えに多くの人が納得し、共感していました」

 

これは、痴漢を含む2000人以上の性犯罪加害者に対し、日本で先駆的に再発防止プログラムを実践してきた精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳(あきよし)さんが、同プログラムの受講生たちとのやりとりとして明かしたものです。斉藤さんは次のように続けます。

 

「日常的に彼らと接していると、“生きがい”というのは本音に近い回答だと実感できます。会社では仕事熱心で、週末には家族サービスをする。でも、自分自身の生きがいはとくにない……心の隙間を埋めるために、唯一他者をいじめる優越感や手短な達成感を確認できる痴漢という行為にハマる。そこで複合的な快楽が得られるため、やめられなくなります。そして、彼らは捕まるかもしれないというスリルとリスクを感じながら、痴漢にエネルギーを費やすことに快感を覚えていくんです」

勤勉で真面目な痴漢たち

痴漢は、スリルやリスクと隣り合わせだからこそ、彼らにとっては極めてゲーム性が高く、行為そのものに達成感を覚えていきます。少しずつ手口が巧妙になっていくのは、スキルがアップしていくためです。

 

皮肉なことに、痴漢は努力家でもあります。彼らは痴漢をして捕まらないために、事前のリサーチを欠かさず、その嗅覚を研ぎ澄ましながら少しずつコツのようなものを掴んでいきます。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

リディラバジャーナルの他の特集
痴漢大国ニッポン
全10回
1-3.やめられない、とまらない…痴漢の実態