元痴漢加害者の告白「何度捕まってもやめられなかった」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
痴漢被害と加害…当事者たちの告白
2018/6/7(木)
元痴漢加害者の告白「何度捕まってもやめられなかった」
2018/6/7(木)
Display unnamed  8
no.
6
People
痴漢被害と加害…当事者たちの告白
2018/6/7(木)
元痴漢加害者の告白「何度捕まってもやめられなかった」
2018/6/7(木)
構造化特集 : 痴漢大国ニッポン
構造化の視点
Icon triangle right

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるな

・・・もっと見る

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

Display frame 31 min

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

Display frame 31 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

※本記事では、痴漢の実態や加害者の心理について詳しく触れています。実態をお伝えするために生々しいエピソードもあるため、フラッシュバックやPTSD(心理外傷後ストレス障害)を懸念される方は、ご留意ください。

 

大学生から痴漢をはじめて、その後30年もの間、痴漢行為を繰り返してきたと語る男性。

 

前回に続く本記事では、逮捕後もなぜ痴漢をやめられなかったのか、そしてどのように痴漢から脱することができたのかについて聞いた。

 

ーー前回、30年間にわたってほぼ毎日、痴漢行為をされていたというお話を伺いました。

 

往復の通勤電車の中でほとんど毎日痴漢をしていました。朝は通勤ラッシュで満員電車ですし、夜も帰宅ラッシュの時間になると満員電車になる。

 

帰りは乗った電車でできそうなら痴漢をして、降りるべき駅で降りずにそのまま痴漢し続けていました。そしてまた戻ってくる帰りの電車でも痴漢をして……。

 

朝は1〜2人ですけど、夜は5〜6人とかに痴漢をしていた。

 

終電がなくなるまで往復したこともあれば、戻りの終電に乗れず、どこかに泊まって翌朝帰ってくることもありました。

 

それから休みの日も痴漢をするために電車に乗っていました。30年も痴漢をしてきてしまったので、被害者は3万人はくだらないかもしれません。

 

自らの痴漢行為について語る男性。

 

ーー何度も捕まったということですが、それでもやめられなかった?

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 痴漢大国ニッポン
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
なぜ男は「痴漢」になるのか
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
痴漢被害と加害…当事者たちの告白
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
痴漢大国からの脱却は可能なのか
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
安部コラム
no.
11
Icon folder