痴漢し続けて30年…元加害者の告白 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
痴漢大国ニッポン:「社会問題」として考える痴漢
第五回

痴漢し続けて30年…元加害者の告白

 

「痴漢をしているときは、興奮した状態にあったと思いますけど、勃起していないことも多かったんです。だから、性欲を満たすという感じではなかったと思います。なんていうか、女性に触れていることに対して、安心感のようなものがあって……。大学で電車通学が始まってから痴漢するのが日常化して、本当にひどい痴漢を始めたのは社会人になってからです」

 

30年間、痴漢をしつづけてきたという男性。なぜ痴漢をしていたのか、なぜやめられなかったのか。3時間にわたって話を聞きました。「痴漢加害者」としての実像に迫った結果、その告白の最後(次回)には衝撃の事実も明かされました。

 

 

ーーいつ頃から痴漢をするようになったんですか。

 

高校生の頃、数回ですが、バスの中で女性の身体に触れたことがありました。本格的にやり始めたのは大学に入ってから。私は今58歳なんですけど、痴漢で捕まって最後に刑務所から出所したのが48歳なので、30年ぐらい痴漢をしつづけていました。通学中や通勤中の電車内でほとんど毎日やっていました。

 

ーー痴漢のきっかけになるようなことはあったのでしょうか。

 

きっかけは思い出せないんですけど、女性の身体を触るということで言えば、2歳下の妹がいて、小学校の頃に妹の身体を触わっていたのが最初です。身体というか、もっぱら性器です。妹は抵抗していました。なぜそんなことをしていたのかはわかりませんが、興味本位だったんだと思います。そうした延長線上に痴漢があったのかなと。

 

痴漢をしていたのも、もともと女性とのコミュニケーションがあまり得意ではなく、女性と会話してお付き合いをするという流れをショートカットして触っていたんだと思います。だから性的な欲求というよりは、女性とのコミュニケーションのつもりでした。

 

ーー痴漢は電車内で?

 

はい。痴漢をやり始めた頃、たしか毎朝8時くらいにぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗っていたんですが、ドア付近にある女性がいまして。学生っぽくはなかったので20代前半くらいの社会人だったと思います。ちょっと触ってみようと思って手を伸ばしたら触れたんです。

 

その女性はいつもスカートだったので、少しずつスカートをめくり、下着の中に手を入れられれば、さらに指を忍ばせて……。その電車は駅間が5〜10分くらいと長かったので、ずっとそうした行為をしていました。

 

Shutterstock.com

 

ーーその女性に対しては、毎朝痴漢をしていたと。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

痴漢大国ニッポン
全10回
2-2.痴漢し続けて30年…元加害者の告白