リディラバ安部が考える「痴漢大国ニッポン」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
11
People
安部コラム
2018/6/13(水)
リディラバ安部が考える「痴漢大国ニッポン」
2018/6/13(水)
Display img 0754
no.
11
People
安部コラム
2018/6/13(水)
リディラバ安部が考える「痴漢大国ニッポン」
2018/6/13(水)
構造化特集 : 痴漢大国ニッポン
構造化の視点
Icon triangle right

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるな

・・・もっと見る

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

Display frame 31 min

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

女性への性暴力を告発する「#metoo」が盛り上がるなか、最も日常的で身近な性犯罪である痴漢は、いまもなお目立った対策がなされていません。痴漢を個人ではなく社会の問題にするべく、問題を生むことが多い男性側にフォーカスをして取材。加害者へのインタビューも交え、問題が生まれる構造を紐解きます。

Display frame 31 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

リディラバジャーナルの10本目の特集は「痴漢大国ニッポンーー『社会問題』として考える痴漢」でした。

 

これは、日本の中で「痴漢」というものが当たり前になってしまっている現状は、考えてみるとやっぱり異常だよね、という問題意識から始まりました。

 

 

家庭でお母さんが娘に「そんなにスカート短かったら痴漢されるわよ」とたしなめる光景は日本ではよく見る朝のシーンです。

 

もちろんこれはこれで、自衛のために確かに理解できる注意なのです。

 

しかし裏を返せば、この愛情ある注意は「痴漢される女性にも問題がある」という考えにもつながります。

 

私を含め、多くの男性は「痴漢における冤罪」をとても恐れています。

 

過去、痴漢の冤罪で何十年も裁判で争った方に話を聞きに行ったことがあります。話を聞き、彼が最後に呟いた言葉が今も忘れられません。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 痴漢大国ニッポン
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
なぜ男は「痴漢」になるのか
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
痴漢被害と加害…当事者たちの告白
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
痴漢大国からの脱却は可能なのか
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
安部コラム
no.
11
Icon folder