いじめから性暴力に…男たちの「#MeToo」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
男たちの「#MeToo」:こぼれ落ちる性暴力被害
第一回

いじめから性暴力に…男たちの「#MeToo」

「中学校1年生のときに先輩からレイプされました」ーー。

 

そう語るのは、性暴力被害者の男性・暗器使い(Twitter上でのハンドルネーム)さん。いじめの延長として、性暴力行為を受けていたと話します。性暴力が語られる際、どうしても論点としてこぼれ落ちてしまいがちな男性の被害。

 

2016年だけでも強姦と強制わいせつは、合計7000件以上の被害が認知されているものの、実際には数倍もの人が被害を経験していると言われています。とくに男性の場合は女性以上に被害が可視化されていません。

 

ただでさえ被害が認知されづらく、さらに実態が見えづらい男性の性暴力被害。暗器使いさんが受けた被害とは……。

 

※本記事では、男性の性暴力被害にも触れます。実態をお伝えするために、生々しいエピソードがあるため、フラッシュバックやPTSD(心理外傷後ストレス障害)を懸念される方は、十分に注意しながらご覧ください。

 

ーー性暴力に遭っていたというのは、何かきっかけのようなことがあったんですか。

 

僕が受けた性暴力の被害は、ほとんどがいじめの延長でした。給食を無理やり食べさせられたり、殴る蹴るの暴行を受けたり、床をなめさせられたりと、小学生のときからいじめを受けていました。

 

中学生になると、いじめ自体がどんどんエスカレートしていきました。無理やり食べさせられるのも給食だけではなく、虫やゴキブリまで食わされたり。中学校だと上下関係もできるので、先輩も加害者として増えてしまい、いじめがより悪化してしまいました。

 

ーーいじめから性暴力にも発展していったと……。

 

性暴力という意味では、小学生のときはズボンとパンツを脱がされたりしていましたが、中学生になると全裸にさせられるようになりました。そうして全裸のまま自慰行為を強要されるようにもなって……。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

男たちの「#MeToo」
全7回
1-1.いじめから性暴力に…男たちの「#MeToo」