家族からもむしりとられる。ある障害者が家を失った話 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
ホームレス:彼・彼女らが失い、取り戻すもの
第六回

家族からもむしりとられる。ある障害者が家を失った話


2017年12月31日。東池袋中央公園で行われた炊き出しでは、医療相談も受け付けていました。

 

2011年、ホームレスに関する一つの論文が発表され、注目を浴びました。

タイトルは「東京都の一地区におけるホームレスの精神疾患有病率」(日本公衆衛生雑誌)。精神科医・森川すいめいさんら5名による論文です。

森川さんらは、2008年12月30日〜2009年1月4日に、JR池袋駅(東京都豊島区)半径1キロ圏内で路上生活を送る人を対象に調査を実施。協力を得られた80人のうち、62・5%にあたる50人が、精神疾患があると診断されました。

 

それまでも、ホームレスの中に精神疾患や障害、知的障害のある人がいることが支援者などを中心に指摘されてきましたが、この論文の発表を機に、改めて注目を集めるようになりました。

その後、ホームレスに陥った知的障害者のライフコースから、何が原因なのかを検討した研究。精神、知的障害のある人がホームレスとなった原因や、抜け出せない理由と障害の関係性を調査した研究など、障害とホームレスについて調査した論文の発表が続いています。

 

どのような経緯で、知的障害や精神障害のある人々がホームレスとなっているのでしょうか。実際にホームレス生活を送っていた障害のある方への取材や、支援者らの話を基に考えていきます。

きょうだいのため中卒で働き始めるも、一度の失敗で親に家を追い出されて路上生活へ

「父との思い出は、恨んでいることはあってもいい思い出はありません。(母親と)離婚してから、会いたいとも思いませんでした」

そう語るのは、なべさん(仮名)、45歳。精神障害があり、20年近く路上とカプセルホテルなどを行き来するホームレスでした。

ホームレスになった経緯を語るなべさん。撮影許可を求めると「横顔ならいいですよ」。

 

ここからは少し長いですが、なべさんの語りを引用します。


地元は、東京の足立区というところです。小学校1年生のときに頭を手術して、開頭されました。生まれつきの病気です。その関係で、てんかんの発作があります。(学校生活での制約は)プールとかマラソンとかが駄目ということでした。毎月病院に行って診察を受け、薬を毎日飲んでいて、脳のCT検査を年に2回受けていました。

 

中学ぐらいまで、両親がいました。自分は5人きょうだいのいちばん上です。中学生のときに両親が離婚をしました。

 

母親のほうに子どもが5人引き取られて母子家庭になり、生活保護を受けて都営住宅に入りました。中学に行ってはいましたが、自分はそういうのがきっかけで人付き合いが苦手になりました。


離婚してからですかね……。

 

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 ホームレス:彼・彼女らが失い、取り戻すもの 全11回
0章 はじめに
1章 ホームレスになるとき
2章 ホームレスになったとき
3章 ホームレスを脱するとき
4章 障害者がホームレスになるとき
5章 障害者がホームレスになったとき
6章 障害者がホームレスを脱するとき
7章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
ホームレス
全11回
4-1.家族からもむしりとられる。ある障害者が家を失った話