どうする?特効薬なしの先生の働き方改革 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
教員の多忙化:学校現場のブラックな実態
第九回

どうする?特効薬なしの先生の働き方改革

「働き方を外部から変えてもらうのを待つのではなく、自分が学校の内部から変えたほうが早いと思ったんです」

 

そう語るのは、東日本の公立小学校で教壇に立つ男性教員・ななつめのやつはしさん(ハンドルネーム)。「学校を片付けることで多忙化解消」というユニークなアイデアを掲げ、活動している。

 

(tera.ken/Shutterstock.com)

 

現場の教員たちの中には、自身の多忙化を訴えるだけでなく、多忙化を解消すべく行動している人々も存在する。

 

今回は、そうした取り組みや、今後社会で考えていくべきことについて見ていく。

...

教員の多忙化
全10回
5-1.どうする?特効薬なしの先生の働き方改革