no.
9
多忙化解決のために
2018/10/18(木)
どうする?特効薬なしの先生の働き方改革
2018/10/18(木)
no.
9
多忙化解決のために
2018/10/18(木)
どうする?特効薬なしの先生の働き方改革
2018/10/18(木)
構造化特集 : 教員の多忙化
構造化の視点

昨今、社会問題化した教員の多忙化。公立学校の教員には残

・・・もっと見る

昨今、社会問題化した教員の多忙化。公立学校の教員には残業時間の上限もなければ、残業代も支給されておらず、教員たちが長時間労働に苦悩している現状があります。その構造はどうなっているのか。本特集では、教員の多忙化を生み出す社会構造と、多忙化によってどのような問題が生じているのかを明らかにします。

昨今、社会問題化した教員の多忙化。公立学校の教員には残業時間の上限もなければ、残業代も支給されておらず、教員たちが長時間労働に苦悩している現状があります。その構造はどうなっているのか。本特集では、教員の多忙化を生み出す社会構造と、多忙化によってどのような問題が生じているのかを明らかにします。

昨今、社会問題化した教員の多忙化。公立学校の教員には残業時間の上限もなければ、残業代も支給されておらず、教員たちが長時間労働に苦悩している現状があります。その構造はどうなっているのか。本特集では、教員の多忙化を生み出す社会構造と、多忙化によってどのような問題が生じているのかを明らかにします。


「働き方を外部から変えてもらうのを待つのではなく、自分が学校の内部から変えたほうが早いと思ったんです」

 

そう語るのは、東日本の公立小学校で教壇に立つ男性教員・ななつめのやつはしさん(ハンドルネーム)。「学校を片付けることで多忙化解消」というユニークなアイデアを掲げ、活動している。

 

(tera.ken/Shutterstock.com)

 

現場の教員たちの中には、自身の多忙化を訴えるだけでなく、多忙化を解消すべく行動している人々も存在する。

 

今回は、そうした取り組みや、今後社会で考えていくべきことについて見ていく。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 教員の多忙化
×
CONTENTS
intro
教員
no.
1
no.
2
no.
3
社会と学校
no.
4
no.
5
給特法
no.
6
no.
7
多忙化の影響
no.
8
多忙化解決のために
no.
9
安部コラム
no.
10