no.
10
障害者がホームレスを脱するとき
2018/1/31(水)
日本の「しんどい人」を救う。ベーシックインカムより必要なもの
2018/1/31(水)
no.
10
障害者がホームレスを脱するとき
2018/1/31(水)
日本の「しんどい人」を救う。ベーシックインカムより必要なもの
2018/1/31(水)
構造化特集 : ホームレス
構造化の視点

誰もが一度は見たことがあるホームレスの人々。彼・彼女ら

・・・もっと見る

誰もが一度は見たことがあるホームレスの人々。彼・彼女らはなぜホームレスになるのか。ホームレスに「なるとき」に失うもの、「なったとき」に抜け出せない仕組み、「脱するとき」のハードルの高さに視点を起き、「構造化」します。

誰もが一度は見たことがあるホームレスの人々。彼・彼女らはなぜホームレスになるのか。ホームレスに「なるとき」に失うもの、「なったとき」に抜け出せない仕組み、「脱するとき」のハードルの高さに視点を起き、「構造化」します。

誰もが一度は見たことがあるホームレスの人々。彼・彼女らはなぜホームレスになるのか。ホームレスに「なるとき」に失うもの、「なったとき」に抜け出せない仕組み、「脱するとき」のハードルの高さに視点を起き、「構造化」します。


「少しずつ自分の居場所をつくっていきました。居場所がたくさんあって、何とかやってこられたなと思います」

 

精神障害があり、20年近くカプセルホテルと路上などを行ったり来たりするホームレスだったなべさん(仮名)の言葉だ。

 

なべさんは今、ホームレスを脱し、人生初のひとり暮らしをしている。

 

週に数度、公園の清掃の仕事に従事。精神疾患・障害のある人々を支援する「べてぶくろ」(東京都豊島区)で当事者研究という活動に参加したり、東京・池袋を拠点に活動する特定非営利活動法人「TENOHASHI(てのはし)」でホームレスのための炊き出しを行ったり。

 

ときには今回のような取材にも応じ、充実した日々を送っている。なべさんは、なぜホームレスを脱することができたのか。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : ホームレス
×
CONTENTS
intro
ホームレスになるとき
no.
1
no.
2
ホームレスになったとき
no.
3
no.
4
ホームレスを脱するとき
no.
5
障害者がホームレスになるとき
no.
6
障害者がホームレスになったとき
no.
7
no.
8
障害者がホームレスを脱するとき
no.
9
no.
10
安部コラム
no.
11