大学生が「奨学金をいくら借りているか知らない」事情 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
奨学金制度のいま
2019/1/17(木)
大学生が「奨学金をいくら借りているか知らない」事情
2019/1/17(木)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 01 16 15.02.48
no.
6
People
奨学金制度のいま
2019/1/17(木)
大学生が「奨学金をいくら借りているか知らない」事情
2019/1/17(木)
構造化特集 : 奨学金制度
構造化の視点
Icon triangle right

多くの人が進学のために必要とする奨学金。格差が広がるな

・・・もっと見る

多くの人が進学のために必要とする奨学金。格差が広がるなかで、ますますその需要は高まっていますが、かたや延滞額の規模の増大、また回収方法を問題視した報道が繰り広げられています。本特集では、大学生やその親、社会、日本学生支援機構というステークホルダーの視点から問題を「構造化」し、現状と今後の在り方を示します。

Display frame 27 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「奨学金を借りる際、父親に言われた通りに手続きをしてしまったので、月々いくら借りているかよくわかっていませんでした

 

そう明かすのは、埼玉県の団体職員・坂本巧さん(仮名、30)。

 

「趣味にかけるお金を削ればなんとか返済できる」と語る坂本さん。

 

坂本さんは利子も含め、総額約770万円の奨学金を返済する必要がある。しかし、年収が300万円に満たないため、返済を猶予されている。

 

その猶予もあと2年で終わる。その後は月々3万〜3万5000円ほど返済していく必要がある。「趣味にかけるお金を削ればなんとか」と返済について語るが、ギリギリの生活となる。

 

日本学生支援機構の奨学金は、親ではなく進学する学生本人に貸し付ける制度だ。

 

それなのになぜ、坂本さんのように自分の借りた額がわからないという状況が生まれるのだろうか。


...

構造化特集 : 奨学金制度
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
奨学金制度のいま
no.
1
Icon folder
People
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
社会
no.
4
Icon folder
People
日本学生支援機構
no.
5
Icon folder
People
大学生
no.
6
Icon folder
People
奨学金と高等教育のこれから
no.
7
Icon folder
People
安部コラム
no.
8
Icon folder