no.
3
無戸籍が生まれる背景
公開日: 2023/3/1(水)
更新日: 2023/3/27(月)

父親を国が「推定」 法律が生んだ無戸籍者たち

公開日: 2023/3/1(水)
更新日: 2023/3/27(月)
no.
3
無戸籍が生まれる背景
公開日: 2023/3/1(水)
更新日: 2023/3/27(月)

父親を国が「推定」 法律が生んだ無戸籍者たち

公開日: 2023/3/1(水)
更新日: 2023/3/27(月)
構造化特集 : 無戸籍
構造化の視点
・・・もっと見る

オーディオブック(ベータ版)
オーディオブック機能はメンバーシップ会員のみの限定機能です。

リディラバジャーナル構造化特集「無戸籍」。
 


 

第3回となる本記事では、当事者が生まれる背景(2章)として、民法772条に定められた嫡出推定、通称「300日問題」を解説します。
 



「現代社会にマッチした制度とは言えない」

 

無戸籍者の戸籍取得を支援してきた弁護士の南和行さんは、民法772条で定められた「嫡出推定」と呼ばれる制度を、こう評価する。

 

無戸籍者が生まれる要因は多数存在する(詳細は第0回の記事を参照)が、今回は、その中でも主要な要因として問題視されている「嫡出推定」に着目。

 

民法772条によって規定され、「時代錯誤」と評される嫡出推定とはどのような制度なのか。また、嫡出推定によってなぜ無戸籍者が発生するのか。

 

現状の法制度によって、当事者が生まれる構造を解説する。

離婚後300日以内に生まれた子
「嫡出推定」とは何か

無戸籍者を生む要因として問題視されている、嫡出推定とはどのような考え方なのか。


民法772条には次のような内容が記載されている。
 

民法772条 妻が婚姻中に懐胎した子どもは夫の子と推定する 婚姻の成立の日から二百日を経過した後、又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する

 

実際の父親が誰であるかに関わらず、婚姻関係や離婚後の日数によって父親を「推定」する。


民法で定められたこの考え方を「嫡出推定」と呼ぶ。

 

この制度によって、離婚後300日以内に生まれた子どもの法的な父親は、元夫となる。
 


では、なぜ嫡出推定によって無戸籍者が生まれるのか。


戸籍制度を管轄する法務省のホームページには、次のような記載がある。

 

戸籍は、法律上の親子関係を公証するものですから、出生届書には、法律上の親子関係のある父母を記載する必要があります。

 

子の血縁上の父が元夫とは別の者である場合には(中略)血縁上の父を父とする出生届書を提出しても、出生の届出は受理されません。

 

つまり、次のような流れで無戸籍者が発生するのだ。


1.離婚成立前、もしくは離婚成立後300日以内に、元夫とは異なる別の男性との子供を出産

 

2.母親は、子供の父親が別の男性だと認識しているため、別の男性を父親として出生届を提出

 

3.しかし、法的には子どもの父親は元夫となるため、出生届は受理されない

 

4.実際の父親と異なる元夫を、子どもの父親として登録することをためらう母親が、出生届を再提出しない

 

5.出生届の出されていない子どもが無戸籍となる

 

嫡出推定によって、母親が子どもの出生届を出したくても出せないケースが存在しており、無戸籍者を生み出す要因となっている。

表向きは「子の安定」 
嫡出推定が存在する理由

無戸籍者を生み出す要因となっている嫡出推定の仕組みは、何のために存在しているのだろうか。

 

国によって設立され、無戸籍を含めた総合法律支援の事業を行う日本司法支援センター(法テラス)本部第一事業部長の生田康介弁護士は、嫡出推定の目的を次のように解説する。
 

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
構造化特集 : 無戸籍
イシューから探す
×
CONTENTS
intro
無戸籍者の困難
no.
1
no.
2
無戸籍が生まれる背景
no.
3
無戸籍者が生まれる背景
no.
4
no.
5
無戸籍状態を抜け出せない背景
no.
6
困難を生み出している戸籍制度の姿
no.
7
no.
8