リディラバ安部が考える「プラスチックごみ問題」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
安部コラム
2019/2/15(金)
リディラバ安部が考える「プラスチックごみ問題」
2019/2/15(金)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 02 13 9.14.19
no.
6
People
安部コラム
2019/2/15(金)
リディラバ安部が考える「プラスチックごみ問題」
2019/2/15(金)
構造化特集 : プラスチックごみ
構造化の視点
Icon triangle right

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中

・・・もっと見る

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

2050年、海に漂うプラスチックごみの量は、世界の海中の魚を合わせた量を上回るとも試算されている。そうした海洋汚染問題の主な原因は、私たちが大量消費しているプラスチックごみです。リサイクルされていると思われていた資源は、実は「循環」していないという現実も。プラスチックがごみになった「その後」を構造的に考えます。

Display frame 26 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

今回は、「プラスチックごみ問題」について取り上げましたが、いかがだったでしょうか。

 

近年、プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題としてクローズアップされています。ウミガメの鼻の中にストローが突き刺さり、それを抜くまでの一部始終を収めた動画がSNSで拡散されていたのは、記憶に新しいのではないでしょうか。

 

Shutterstock.com

 

海に流れ着いたプラスチックごみは、こうして海中の生物たちにとっての脅威になっています。

どうすれば解決に向かうのか

プラスチックは、私たちの社会になくてはならないものの一つです。しかし、海洋汚染をはじめとする問題は、プラスチックが「ごみ」になったときのことを考えてこなかった結果として起こっていることです。

 

本特集では、海洋汚染にとどまらないプラスチックごみがもたらす弊害を見てきました。その一つとして、プラスチックごみが実は、多くの人がイメージするような資源が循環する「リサイクル」はされていないことも指摘しました。

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : プラスチックごみ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
捨てられたプラスチックごみの行方
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
プラスチックごみリサイクルの実態
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
消費から考えるプラスチック
no.
5
Icon folder
People
安部コラム
no.
6
Icon folder