親しいからこそ難しい、家族・友人へのカミングアウト | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
カミングアウトと人間関係
2019/3/11(月)
親しいからこそ難しい、家族・友人へのカミングアウト
2019/3/11(月)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 08 16.52.49
no.
6
People
カミングアウトと人間関係
2019/3/11(月)
親しいからこそ難しい、家族・友人へのカミングアウト
2019/3/11(月)
構造化特集 : カミングアウトとアウティング
構造化の視点
Icon triangle right

2015年8月、告白した男性同級生から同性愛者であるこ

・・・もっと見る

2015年8月、告白した男性同級生から同性愛者であることを同意なく暴露されたことをきっかけに、一橋大学法科大学院の男子学生が亡くなりました。本特集では、その遺族や原告側代理人弁護士などへの取材を通して、アウティングやカミングアウトに伴う困難や対応のあり方について考えます。

Display frame 28 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「母親には、自分からカミングアウトしようと思ったわけじゃないんです。いつも『彼女できた?』と聞いてくるんですが、その日『彼氏できた?』と聞かれたんです。そこで、『実は、女性のことは好きになれないんだ』と伝えました

 

そう語るのは、LGBTに関する情報発信を行う、一般社団法人fair代表理事・松岡宗嗣(そうし)さん。ゲイである松岡さんが母親にカミングアウトをしたのは4年前。20歳のときだった。

 

メディアなどでLGBTに関する情報発信を行う松岡宗嗣さん。

 

松岡さんは、母親に水を向けられたことをきっかけにカミングアウトしたが、もっとも近い人間関係である親にだけはカミングアウトできないという人は少なくない。

 

その理由について、松岡さんは以下のように説明する。

 

「もっとも身近で、日々顔を合わせる親だからこそ、『すこしでも受け入れられなかったら』と思うと、カミングアウトのハードルは高くなりますよね」

 

...

構造化特集 : カミングアウトとアウティング
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
一橋大学アウティング事件
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
LGBTとは
no.
4
Icon folder
People
カミングアウト
no.
5
Icon folder
People
カミングアウトと人間関係
no.
6
Icon folder
People
アウティング
no.
7
Icon folder
People
所属組織
no.
8
Icon folder
People
相談機関・支援団体
no.
9
Icon folder
People
安部コラム
no.
10
Icon folder