どのようにして子どもは「自撮りによる被害」に遭うのか | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
1
People
子どもが児童ポルノとして“消費”されるまで
2020/1/27(月)
どのようにして子どもは「自撮りによる被害」に遭うのか
2020/1/27(月)
Display img 7620
no.
1
People
子どもが児童ポルノとして“消費”されるまで
2020/1/27(月)
どのようにして子どもは「自撮りによる被害」に遭うのか
2020/1/27(月)
構造化の視点
Icon triangle right

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。20

・・・もっと見る

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

Display 37.%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8e

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

Display 37.%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8e
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「ある少女から『怖くてしょうがない』という電話が来ました。SNS上で知り合った男性から脅されて、自慰行為をしている動画を送ってしまったと。彼女は、パニック状態になっていて、文字が打てないからと電話してきたのですが、電話口でも嗚咽するなどして言葉にならないような状況でした」

 

これは、児童ポルノ問題などに取り組むNPO法人 人身取引被害者サポートセンター ライトハウス(以下、ライトハウス)に寄せられた相談だ。こうした被害相談が届くことは決して珍しくはないと同団体の担当者は話す。

 

「問題なのは、このような状況でも『なぜそんなものを送ってしまったんだ!』と子どもを叱ったり、問い詰めたりする大人が多いこと。ですが、送らざるをえない状況に子どもは巻き込まれているんです」

急増している自撮りによる被害

児童ポルノに関してライトハウスへの被害相談が多いのは、中学生や高校生。学校関係者や友達、そして保護者にも相談できず、ネット検索などでライトハウスの相談窓口にたどりつく。ここ数年で最も多い相談が、やはり自撮りによる被害だ。

 

自身の性的な画像や動画を送ってしまったあとに、どうしていいのかわからなくなり、また、相手の言うことを聞かないと何をされるかわからないという状況に直面している。

 

 

交際相手だったり友人や知人だったりというケースもあるが、多くはネット上で知り合った、会ったことのない大人だ。...

※リディラバ会員登録はコチラ
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
子どもが児童ポルノとして“消費”されるまで
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
法的観点から見た児童ポルノをめぐる問題
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
児童ポルノは実加害の引き金になるか
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
児童ポルノの流通を防ぐために
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
安部コラム
no.
9
Icon folder