ワクチン接種へのためらい:怖がる私が悪いのでしょうか? | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン

ワクチン接種へのためらい
怖がる私が悪いのでしょうか?

2019年1月、世界保健機関(WHO)は「2019年の世界の健康に対する10の脅威」を発表した。

 

「大気汚染と気候変動」「HIV」などと並んで挙げられたのが、「ワクチン接種へのためらい(ワクチン・へジタンシー)」。

 


 

(WHOHPより)


WHOは、このワクチン接種へのためらいについて「ワクチン接種の機会が提供されているにもかかわらず、接種を先延ばしにしたり、拒否したりすること」と定義している。

 

今回の特集テーマは、この「ワクチン接種へのためらい」。

「ワクチンに対する複雑で矛盾した情報がまん延」

ワクチン接種へのためらいは、先進国を中心に、本来防げる感染症の拡大という問題を生んでいる。

 

2019年4月、WHOの担当者らは米メディアCNNに「2019年1~3月、麻しんの感染者が、前年同期比で300%増加し、危機的な状況」であると紹介する記事を寄せた。
 

(CNNに寄せられた記事)

 

その背景として、オンライン上でワクチンに対する、複雑で矛盾した情報がまん延しており、アメリカなどの中高所得国で、必要性や安全性に確信を持てずに、ワクチン接種を遅らせたり拒否したりしている親がいることを指摘している。

デマの代表例、ウェイクフィールド論文

WHOの担当者らの「ワクチンに対する複雑で矛盾した情報」というのは、かなり控えめな表現だ。

 

実は、オンライン上では様々な、科学的に否定された情報が飛び交っている。

 

その代表例が、麻しん、おたふく風邪、風しんを予防するMMRワクチンで自閉症になる、というものだ。

 

1998年、イギリスの医師、アンドリュー・ウェイクフィールド氏は医学雑誌「ランセット」上で、MMRワクチンと自閉症の関係性を示唆する論文を発表。

 

のちに医学界の検証やジャーナリストの取材によって、論文は捏造であることが判明し撤回されたのだが、オンライン上には今もなお、この説を信じ拡散する「反ワクチン派」の人々がいる。

 

そして、その情報を信じ、ワクチン接種をためらう人々が生まれている。

 

ウェイクフィールド論文は極端な例だが、なぜ小さな子どもを持つ保護者は、反ワクチン派の発する不確かな情報に影響を受けてしまうのか。

対策は進んだけれど…SNS上の反ワクチン情報

原因の一つは、SNS上にあふれる反ワクチン情報だ。

 

2019年に入り、フェイスブック、ユーチューブ、ツイッターといったSNSが、反ワクチン情報対策を行うことを表明。

 

現在では、ワクチンに関する情報を検索すると、厚生労働省のアカウントに誘導するなどの取り組みがなされている。

 

(ツイッターで「ワクチン」と検索した際の表示画面)

 

しかし、ほんの少し前までは反ワクチン情報は野放しで、ワクチンに対して保護者が情報収集をしようとすると、大量の反ワクチン情報にいきあたる状況だった。

 

日本における、反ワクチン情報の一大拡散地といっても過言ではないのは、インスタグラムだ。

 

2019年5月9日、米メディアはインスタグラムでも反ワクチン対策が始まったと報じたが、日本ではまだ「ワクチン」「予防接種」などの文言で検索すると、上位にワクチンへの不安を煽る根拠のない情報が出てくる状況である。

「孤育て」に寄り添う反ワクチン派

「反ワクチンの人たちって、本当に優しいんです。子育ての悩みや不安に寄り添ってくれる。だから、反ワクチンの方に流れていきそうになるのは、経験してよくわかりました」

 

そう語るのは、2歳の子どもを持つ村田里香さん(仮名)。

 

(ぱくたそ)

 

「孤育て」とも呼ばれ、育児中の保護者が孤立しがちな現代。反ワクチン派のこうした態度は信頼感を生み、賛同者を増やしている。

 

「でも、最後に物を売りつけてくるんです。あ、それが狙いなんだなって、私はそこで冷静になれました」

圧倒的に弱い正確な情報

この態度に対し「ビジネスなんだから、お客さん相手に親切なのは当然」と指摘するのは、医師で薬剤師の峰宗太郎さん。

 

峰さんは現在、米国立研究機関でワクチンの研究に従事。ツイッターやインスタグラム上で、反ワクチンに対抗すべく情報発信も行なっている。

 

「ビジネスなんだから、親切丁寧なのも、情報発信に熱心なのも当然なんです」

 

結果として、オンライン上でもそれ以外でも、勢いを持つのは反ワクチン派の情報。

 

しかも、本来正しい情報を発信すべき厚生労働省も、ワクチンを製造する製薬メーカーも反ワクチン情報対策に熱心とは言えず、一部の医師や保護者らがそれぞれに啓発活動を行なっているというのが現状で、十分対抗しきれているとは言い難い。

 

 

 

 

まとめると、ビジネスとして反ワクチン情報を拡散する人々がいる一方、組織だってそれに対抗できていない現状では、ワクチンに関心を持った保護者に届く情報の多くは反ワクチン派のものとなる。

 

しかも、それを受け取るのは育児に悩む保護者で、不安を煽られやすく、結果としてワクチン接種へのためらいにつながっている。

 

本特集では、一見、科学的リテラシーがあれば排除できそうな誤った情報や不正確な情報が、なぜ拡散され、保護者のワクチン接種へのためらいを生んでいるのかを見ていく。

 


第1章 保護者

第一回は【真面目だからこそ…反ワクチン論に影響を受ける理由】。なぜ、保護者が反ワクチン論に出合い影響を受けてしまうのか。影響を受けかけた母親や、啓発活動をする医師が語る。

 

第二回は【“孤育て”に寄り添う反ワクチン派】。育児の不安を抱える保護者は「子育ての悩みや不安に寄り添ってくれた」と、反ワクチン派の態度を振り返る。

 

(ぱくたそ)

 

第2章 反ワクチン派

第三回【だれが、なぜ反ワクチン論を広めるのか?】では、医師たちの「反ワクチンはビジネスだ」との指摘を紹介する。

 

 

第3章 厚生労働省・製薬メーカー・医師

第四回は【定期接種、任意接種…政策が生む反ワクチン情報】では、「痛くない腹を探られる」状況を作り出している厚労省などの問題点を考える。

 

(Shutterstock)

 

第4章 ためらう人を減らすために

第五回【ワクチン接種へのためらいをなくすには】では、WHOも危惧する「ワクチン接種へのためらい」対策に、個人や社会で取り組むべきことを考える。

 

(Shutterstock)

 

第5章 安部コラム

第六回は【リディラバ安部の考える『反ワクチン』と『ためらい』】と題して、リディラバジャーナル編集長安部のコラムをお送りする。

 

(ぱくたそ)

シェアしよう

この記事に寄せられたコメント

User
社会起業家 堺達也
ここで語られている反ワクチン派批判は、全く科学的な論拠に基づいていないようです。全体を通していえることですが、第一話(スタート)から論旨が全くズレていますね。
  
まず「科学的に否定された」とは、何をもって「科学的」と言っているのでしょうか?
 
「医者が安全だと言っているから」=「科学的」とは、ならないですよね?
 
なぜなら、医師(や薬剤師)は、自分で医薬品を製造する知識・能力(技術)は持っていないからです。医薬品は製薬会社の工場で(医師でも薬剤師でもなく)生化学者などが製造しています。
 
(病院で勤務している医師や薬剤師は、製薬会社が作っている診療ガイドラインに従って、書いてあることをそのまま伝達してるだけであり、その論拠や実験工程や結果について、自分では一切確認はしていませんし、そもそもその薬(新薬ワクチン)を自ら試しているケースもほとんど無いようです。つまり発言の大半が無責任ということです。
 
そもそも「科学」や「科学者」と呼ばれる人々は、生命現象をどこまで正確に解明しているのでしょうか?人間は機械ではありません。機械ならば再現性が期待できる手法であったとしても、人間に関する実験で再現性(科学的アプローチ)が保証できることなど、一体どれほどあるのでしょうか?
 
物理法則も量子物理学に関しては、まだまだ未開の領域が広がっている現時点で、「生命現象が解明できた。これが正しい」などと言える科学者も医者も一人もいないはずです。生命現象だけに限定していえば、すべては(期間限定やある特定の条件下においてのみ)「そう信じられている」という世界です。)。
 
そして、この記事を書いている記者さんは、人体の免疫システムについて、どれほどの専門性を持ち、熟知し、実際を確認しているのでしょうか?(実験室の試験管や動物実験で試されるワクチン試験の反応(数十〜百人規模の治験)と、実際にワクチンが打たれた数千万人の人体に対して起きる副反応(副作用)が)同じもので「同一基準で語ることが可能だ」とでも思っているのでしょうか?(その科学的根拠が示された事例はあるのでしょうか?)
ちなみに白血球の型の数は地球上の全人口の数よりも圧倒的に大多数の型(パターン)があることがわかっています。つまり免疫反応というものは、それほど複雑であり、十把一絡げに語れるものではない・・・ということです。)
 
そもそも、「ワクチンの効果が確認されていない」ことは、製造元自ら「効果がない」と、以下のように正式に提示されています。
  
例)子宮頸がんワクチンガーダシルの医薬品添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/631340TG1020_1_06/?view=frame&style=SGML&lang=ja
 
効能又は効果
 
ヒトパピローマウイルス6、11、16及び18型の感染に起因する以下の疾患の予防
・子宮頸癌(扁平上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))
・外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3
・尖圭コンジローマ
 
効能又は効果に関連する接種上の注意
 
1.
HPV6、11、16及び18型以外のHPV感染に起因する子宮頸癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。
2.
接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じているHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
3.
本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるものではない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
4.
本剤の予防効果の持続期間は確立していない。
 
(以上、抜粋)
 
→つまり「エビデンスがない」とハッキリ明示しているわけです。
 
※そもそも、ヒトパピローマウイルス6、11、16及び18型は、日本人には感染例がほとんど見られない型です。そして、それ以外の型に対しては「予防効果は確認されていない」と正式にハッキリ発表されています。
 
また、上記添付文章には、重篤副作用疾患別対応マニュアル(注意事項) として、「ギラン・バレー症候群 」「急性散在性脳脊髄炎 」「アナフィラキシー」の症例について、(副作用が起きることを前提として認めた上で)起きた場合のマニュアルが用意されています。
 
【「孤育て」に寄り添う反ワクチン派】と題する記事では、「反ワクチン派は、乳幼児を抱えた不安だらけの母親に優しく寄り添い、最終的に物販を目的とした人たちばかりだ・・・」というような語り口調が使われていますが、これは宗教の勧誘シナリオのようなニュアンスを印象付けようとしているようで、【ワクチンの効果効能に対する科学的根拠うんぬんの話とは全く関係のない話】であり、ここで取り上げるべき「ワクチンの是非を問う本質的論旨」からかけ離れていますし、そのような無関係な事例をもって「ワクチンの効果や是非」を決定する際の選択材料にはなり得ませんので、記者の非科学的信じ込みによる主張は、この記事のテーマを語る上では不要かと思われますので、根本から調査のやり直しや記事の書き方を見直した方がいいのではないでしょうか?
 
(最初から【ワクチンは接種すべきだ】という「結論ありき」で、その結論に誘導するための関係のない話が持ち込まれているようですから不適切な切り口に陥っているようですね。)
 
反ワクチン派の最終目的は「ビジネスなんだから、親切丁寧なのも、情報発信に熱心なのも当然なんです」といいますが、一方で、ワクチンで儲けようとしている製薬メーカーは「効果効能の確立されていない薬を売るため」にCMや医療業界関係者に対して「親切丁寧+情報発信を熱心に行っている」とは言えないのでしょうか?
 
そもそも、(科学者や医師だとしても)誰一人、生命現象に関する「絶対的な正解」を語ることが出来ない中で、このような記事を公のものとして提示することは、社会問題を構造解明するのではなく、むしろ複雑にさせ、誤謬を深めているだけのように感じます。
 
そして、製造元が自ら正式に「効果が確認されていない」+「副作用が起きたときのマニュアル」を提示しているのですから、これが「エビデンスがない」(のに)「重篤な副作用が起きる可能性がある」という、何よりの科学的根拠であり、保護者がワクチン接種へのためらいを示す当然の反応の根拠なのではないか・・・と思います。
 
また、著名な資産家のビル・ゲイツ氏は、「ワクチンで人口を10〜15%削減することが可能」などと、大々的に問題発言を暴露公表していますが、このような発言について、社会問題を取り扱うジャーナルとしては、どのように向き合っていくつもりなのでしょうか?
 
YouTube:ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」
https://www.youtube.com/watch?v=b4vE8AdSPGc
 
リディラバが、社会問題を解明するジャーナルを標榜しているならば、むしろ「医薬品の製造工程(何を原材料として、どのように作られているのか?それを誰がどのように承認しているのか?)の詳細」や「世界と日本の医薬品の考え方/用い方の異いの実際」、「医療業界のお金の流れ全体」を構造化して取材することがワクチン問題に関する社会問題解明の本質になるのではないでしょうか。
Display profile
杉山 啓
膨大な情報が出回ってしまっている中、正しい情報のみを受け手が判別するのは不可能に近い。しかも、ヒトは危険を示唆する情報ほど注意を向けやすい。
不安に思う人全員と丁寧な対話の場を持つことも現実的とはいえない。
サイエンスコミュニケーターが「社会」を強く意識する課題、サイエンスコミュニケーションが扱う最も重要な課題の一つでもあります。

記事の感想を教えてください

今回の記事のテーマは…

今のところ自分に関係なさそう0
家族・友達・知り合いに関係あるかも7
将来自分にも関わってくるかも5
昔の自分に関係していた3
今の自分に直結してる!9

この記事を読んで…

興味を持てなかった1
興味を持った5
もっと知りたくなった6
現場に行ってみたい 課題に関わってみたい1
解決に取り組みたい10
特集 ワクチン接種へのためらい:怖がる私が悪いのでしょうか? 全6回
0章 はじめに
1章 保護者
1章 反ワクチン派
2章 反ワクチン派
3章 厚生労働省・製薬メーカー・医師
4章 ためらう人を減らすために
5章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
ワクチン接種へのためらい
全6回
[特集]怖がる私が悪いのでしょうか?