• 新しいお知らせ
    ×
公開日: 2023/9/28(木)

「正直、無理だと思った」 28,000もの行政手続を全面デジタル化 都政の変革に迫る(前編)

公開日: 2023/9/28(木)
公開日: 2023/9/28(木)

「正直、無理だと思った」 28,000もの行政手続を全面デジタル化 都政の変革に迫る(前編)

公開日: 2023/9/28(木)
オーディオブック(ベータ版)

「全ての業務が紙とはんこを前提にフロー化されていたので、これらの業務フローを全部変えるのかと思った

 

都が掲げた「28,000の行政手続を全面デジタル化」という高い目標に対して、当初職員はこのように感じたという。

 

当初困難が予想されたものの、3年間で28,000存在する手続のうち約7割のオンライン化を実現する見込みという。

 

人員や財源の逼迫により、全国の自治体が業務改善やデジタル化を大きな課題として抱える中、東京都がスピーディーに推進できるのはなぜか。

 

また、デジタル化を進める上で、職員の意識にはどのような変化が生まれたのか。

 

今回、DXの専門部署であるデジタルサービス局戦略部戦略課で行政手続デジタル化の推進に係る全体調整に携わる西田氏と、全国で初めてオンライン上で完結する「パートナーシップ宣誓制度」を運営する人権部事業推進担当課長の下河辺氏に話を伺った。

 

 

(左から 下川辺氏・西田氏)

「原則書面」から「原則デジタル化」へ
都政の方針が180度転換した背景

鈴木(聞き手)東京都のデジタル化政策を見ていて非常に驚いたのですが、「全ての行政手続のデジタル化」を掲げていますよね。

 

約28,000もの手続があるそうですが、これらを全てデジタル化するという動きは、どういった経緯で生まれたのでしょうか。

 

西田当初は「原則書面」の前提のもと、可能な手続についてはデジタル「でも」できるようと、対象を限定してひとつずつデジタル化を進めていました。

 

その流れを180度転換させたのが、コロナ禍です。

 

ワクチンもなく、感染による影響が不透明だった頃、都としては、紙を出すために窓口に出向いてもらうことは、生命に関わるリスクを与える行為だと考えました。

 

そこでポストコロナ社会を見据えた都政の構造改革の一環として、「東京デジタルファースト条例」を制定(2020年10月成立、2021年4月1日施行)しました。

 

この条例により、行政手続は「原則デジタル化」を前提にするという方針が定められました。

 

許認可、届出、補助金申請などの行政手続は、都民や事業者の皆様にとって最も一般的な都庁との「接点」のひとつです。

 

こうした手続を原則デジタル化へ転換することで利用者の負担を減らし、行政サービスの更なるQOS(クオリティ・オブ・サービス)向上を図ることとしました。

 

鈴木とはいえ、全ての手続をデジタル化するというのは非常に大きな目標設定だなと思いました。現在の進捗状況を教えてください。

 

西田先ほどの通り、28,000という膨大な手続がありますので、受付件数の多い主要な行政手続を169ピックアップしました。

 

169手続のうち、119手続は都の権限でデジタル化が可能、40手続については国の法律等による制約のあるもの、残りの10手続は廃止するものとして分類し、取組を進めることとしました。

 

この3年間で都が対応可能な119手続のうち約94%、112手続のデジタル化が完了し、残りの7手続についても完了の見通しが立っています

 

同時に、都が権限を持たない40手続については国などに働きかけを進めています。

 

次の段階として28,000プロセスのデジタル化を目標としています。

 

既に多くのデジタル化が進んでおり、今年度末(2024年3月)までに約70%のデジタル化を実現予定です

 

国の指針を凌駕
DX推進をもたらした独自の「目標設定」

鈴木条例改正から3年間で主要169手続のデジタル化は既に見通しが立ち、28,000プロセスについても70%まで推進予定であると。

 

デジタル化の進展に頭を抱える自治体も多い中で、東京都がこれほどのスピード感で推進できている要因はどこにあるのでしょうか。

 

西田何より重要だったと思うのは、「原則デジタル化」という最初の目標設定です

 

2020年に国は、地方公共団体が優先的にオンライン化すべき31の手続を選定しました。

 

この中で都道府県が主導でオンライン化すべき手続は4つのみ。ほかの27つは、市区町村管轄の手続です。

 

国の通知をそのまま受け取ると「4つだけデジタル化すればいい」という話になりますが、東京都では4手続にとどまらず、条例を整備して「原則デジタル化」のビジョンを掲げました

 

コロナ禍以前の、「原則対面・可能ならオンラインも」という状態では、通常業務もある中でデジタル化を積極的に進めるのは難しかったと思います。

 

この目標設定が、何よりの推進力になったと感じています。

 

鈴木もうひとつ、都庁の取り組みで特徴的だなと思ったのが、「専門部隊の設置」です。


2021年、都政のデジタル化の旗振り役・牽引役としてデジタルサービス局が設置されましたが、どんな役割を担っているのですか。

 

西田デジタルサービス局の役割は大きく2つあります。

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
6月の構造化特集「地域医療」への思い
2023年6月9日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。

******みなさん、こんにちは!担当した構造化特集「地域医療 超高齢化社会に必要な『撤退戦』」が本日より公開となりました!今日は特集内には書いていない、特集に込めた思いをご紹介させてください。

続きをみる
子どもの発達障害、構造化マップを公開
2023年4月16日

※この投稿はリディラバジャーナルの会員限定FBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。*****みなさん、こんにちは!!!リディラバジャーナルの井上です。

今週はとても嬉しいことがあったので、ご報告させてくださいm(_ _)m

続きをみる
構造化。テーマは「子どもの発達障害」
2023年4月7日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルの井上です。

早くも4月ですね。あっという間に過ぎ去る日々に「!?!?」という感じですが、今日も今日とて、リディラバジャーナルのご案内です。

続きをみる
編集部メンバーの想いを公開しました
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******皆さん、こんにちは〜!

編集部の井上です。今日は、

続きをみる
「無戸籍」当事者の声を聞いてほしい。
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。ーーーみなさん、こんにちは!リディラバジャーナル編集部の井上です。

2〜3月は3年ぶりの構造化特集の復活ということで、「無戸籍」をテーマに構造化特集をお届けしてきました。

続きをみる
×
CONTENTS
intro
宮坂学副知事 インタビュー
no.
1
no.
2
指導検査手続きの全オンライン化
no.
3
指導検査手続きの全オンライン化
no.
4
行政手続の全面デジタル化
no.
5
no.
6