• 新しいお知らせ
    ×
公開日: 2023/9/9(土)

「道具を変える」「船をつくる」 ヤフー社長から東京都副知事へ チームで挑む都庁のDX(前編)

公開日: 2023/9/9(土)
公開日: 2023/9/9(土)

「道具を変える」「船をつくる」 ヤフー社長から東京都副知事へ チームで挑む都庁のDX(前編)

公開日: 2023/9/9(土)
オーディオブック(ベータ版)

紙の王国

 

東京都副知事として、都政のデジタル化に挑む宮坂学さんは、就任当初の都庁の様子をこう表現する。

 

日本を代表するテック企業、ヤフー株式会社の代表取締役を経て、東京都の副知事に就任した宮坂さん。


民と官、全く異なる世界でデジタルと向き合ってきた宮坂さんは、いまどのように都政のデジタル化を推進しているのか。リディラバジャーナル編集長の安部敏樹がインタビュー。

 

人口減少時代、「DX化」の重要性が叫ばれるものの、多くの自治体・企業はその実現に課題を抱えている。

 

先進的な取り組みを重ねる東京都の副知事・担当職員への連続インタビューから、DX化のヒントを探る。

 

宮坂学(みやさか・まなぶ)東京都副知事
1997年ヤフー株式会社入社、2012年同社代表取締役社長、2018年同社取締役会長を歴任。ヤフー退社後の2019年7月東京都参与に就任、同年9月に副知事に就任し、CIOとして都政のデジタル化を推進中。2023年9月に事業をスタートする「GovTech東京」の代表理事に就任予定。また、東京を世界で最もスタートアップフレンドリーな都市にするための戦略にも取り組み、2024年5月に開催予定のグローバルスタートアップイベントの実行委員長を務める。

きっかけは「逆営業」
ヤフーから都庁へ 異例の転身の裏側

安部
お久しぶりです、今日はどうぞよろしくお願いします。

 

宮坂
よろしくお願いします。

 

安部
多くの自治体が、デジタル化・業務効率化の必要性を感じながらも、なかなか推進に苦しんでいる中で、東京都は「ペーパーレス・はんこレス」「オープンデータの活用」「デジタル人材の育成」など、様々な取り組みを推進できているのが印象的で。

 

今日は都政のDXがどうなっているのか聞いていきたいんですが、まずは宮坂さん自身のお話から。

 

ヤフーの社長から東京都の副知事へ「異例の転身」と話題になりましたが、どんな経緯で都政にチャレンジすることになったのですか。

 

宮坂
僕は最初、東京都庁に営業に行ってたんですよ。

 

Zホールディングスの事業として自転車のシェアリングとか、ブロックチェーンを使った自治体トークンとかの営業をしに行ったのが最初の接点。

 

安部
そこから逆営業をかけられたんですか(笑)

 

宮坂
そうそう(笑)

 

最初、小池都知事に営業をしていたら、面白いから都庁の幹部向けに話をしてほしいと言われて。

 

安部
営業トークがうまく刺さったわけですね。

 

宮坂
で、講師として職員の皆さんに話をさせてもらったところ、「それもう都庁でやったらどうですか?」という話になりました。

 

安部
そのお誘い、なぜ受けようと思ったんですか。

 

宮坂

今振り返ると、ヤフーでの仕事にある程度の達成感があったと思います。

 

ネット業界の黎明期、何もないようなところから、メディアとかECとか決済とか、あらゆる事業に携わらせてもらって。

 

すごく面白かったし好きだったけど、まんねり感も増えてきた。

 

そんなタイミングだったこともあって、行政という新しいチャレンジをしてみようと思いましたね。

 

「やるべきことが無数に」
宮坂さんが最初にやったこと

安部

で、副知事に就任したのが4年前の2019年ですね。

 

シェアリングとかブロックチェーンとか、言ってみれば非常に夢のあるテーマを入り口に都政に加わったと思うんですが、実際に就任してみての印象はどうでしたか。

 

宮坂

夢を語るより先にやるべきことが無数にありましたね
まず、紙使うのやめようみたいな。(笑)

 

みんなで集まって会議する時にも、誰1人PCを持ってこなくて、代わりに大量の資料が印刷されて人数分置いてある。紙の王国かよと思いましたね。

 

安部

Wi-Fiも無かったんですよね。

 

宮坂

就任当時は無かったですね。全体的にデジタル化が民間から20年くらい遅れているような印象でした。

 

安部

前職とは天と地ほどの違いですよね。そんな状況の中で、宮坂さんはまず何から取り組んだんですか。

 

宮坂

まず道具を変えよう、と思いました

 

安部

道具を変える。

 

宮坂

世界に誇れるスマートシティを作ろう!って会議を紙でやってるのって、もはやコントじゃないですか。

 

良質なアウトプットを出そうと思ったら、アウトプットを出すために使っている道具も、その使い方も良質にしないといけない。

 

Wi-Fiの整備はもちろん、スマホで仕事の情報にアクセスできるようにしたり、ペーパーレスを徹底したりと、職員が日常的に触れる物、使う物を変えました。

 

安部

聞いてみると非常に納得感がありますけど、その状況を見て同じように道具を変えよう、と課題設定ができる人はきっと多くないですよね。


どうして道具を変えようという発想に至ったんですか。

 

宮坂

実はこれ、ヤフーでの経験から来てるんです。

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
芸術祭なのに、米作りに雪かき?「大地の芸術祭」が挑む地域づくりとは
2024年7月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
「夏休みに特別な体験をさせられない」子どもの体験格差は、学ぶ意欲や将来の可能性にまで影響を及ぼす?
2024年7月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
メディアが作り出した? 生活保護費引き下げにつながった世論
2024年7月1日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
在日クルド人に対するSNSでのヘイトスピーチ。書き込みへの法的措置の意義とは?
2024年6月21日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
輪島・珠洲の断水解消も、水道は使えない。復興を左右するのは世間の関心の深さ
2024年5月31日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
少しずつ可視化されてきた「恋愛的にも性的にも惹かれない」人たち。アロマンティック・アセクシュアルとは?
2024年5月24日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
喜べない教員の給与増。残業が残業だと認められない給特法とは?
2024年5月17日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
勤務時間15分減で退職金ゼロ?非正規の人の労働条件を改善するための制度のはずが…
2024年5月14日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
性犯罪の被害者の約半数が子ども。わが子をグルーミングから守るには?【ニュースに潜む社会課題をキャッチ!】
2024年5月7日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
動物の虐待摘発過去最多。「保護犬・保護猫」前進の裏で生まれる課題
2024年4月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
スクールカウンセラー約250人が雇い止め。子どもの心の健康を支える専門職なのに任期は1年?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2024年4月4日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
依存症の人に必要なのは「反省や刑罰」ではなく「治療と仲間」
2024年3月29日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「同性婚を認めないのは違憲」互いの違いを尊重できる成熟した社会へ
2024年3月18日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
能登半島地震、深刻なボランティア受け入れ態勢不足が課題
2024年3月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
学校の死亡事故の7割が国に未報告。求められる事故検証システム
2024年3月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
×
CONTENTS
intro
宮坂学副知事 インタビュー
no.
1
no.
2
指導検査手続きの全オンライン化
no.
3
指導検査手続きの全オンライン化
no.
4
行政手続の全面デジタル化
no.
5
no.
6