• 新しいお知らせ
    ×
    • 「小児性犯罪」加害者臨床の現場から 後編を公開

      「加害・被害を防ぐには?“包括的性教育”が与える影響——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(後編)」を公開しました。「性の教科書はAVでした」と語る、ある少年事件の加害者。加害・被害を防ぐアプローチの一つである包括的性教育の重要性に迫ります。記事はこちらから。

      2024/4/16(火)
    • 前編公開!「小児性犯罪」加害者臨床の現場から

      「1人の加害者から複数の被害者が…。発覚しづらい子どもへの性加害——『小児性犯罪』加害者臨床の現場から(前編)」を公開しました。性的グルーミング、その巧妙な手口とは?被害が発覚しづらい3つの理由とは?そして「被害が次の被害を生んでしまう構造」とは?記事はこちらから

      2024/4/10(水)
公開日: 2023/10/3(火)

「委託業者がやってくれる、ではない」 28,000もの行政手続を全面デジタル化 都政の変革に迫る(後編)

公開日: 2023/10/3(火)
公開日: 2023/10/3(火)

「委託業者がやってくれる、ではない」 28,000もの行政手続を全面デジタル化 都政の変革に迫る(後編)

公開日: 2023/10/3(火)
オーディオブック(ベータ版)

『当たり前』が私たちと都民のみなさんでは違っていた

 

行政手続デジタル化のプロセスで、ユーザー目線に立つことの意味に気づいたと、都庁のDX担当者は語る。

 

全庁を挙げて行政手続の「原則デジタル化」に取り組む東京都。

 

後編では、全国初・オンライン完結型の「パートナーシップ宣誓制度」に迫る。

 

全国初となる取り組みの内容、そしてデジタル化によって組織に生まれた変化を聞いた。

 

前編に引き続き、DXの専門部署であるデジタルサービス局で行政手続デジタル化の推進に係る全体調整に携わる西田氏と、「パートナーシップ宣誓制度」を運営する人権部事業推進担当課長の下河辺氏に話を伺った。

 

 

(左から 下河辺氏・西田氏)

 「少しでも不安を感じたら」
全国初のオンライン申請制度で意識したこと

鈴木(リディラバジャーナル編集部)後編では、具体的なデジタル化の事例についてお伺いします。

 

東京都では、2022年11月より届出から証明書の発行まで一貫してオンラインで実施する「パートナーシップ宣誓制度」をスタートされましたね。

 

制度自体は全国でも事例がありますが、完全オンライン化を実現したのは東京都が全国初。

 

他の自治体を見ると、「事前予約の上、役場の窓口で1日3組限定対応」といったケースも多い中、オンラインで完結は非常に先進的だと思います。

 

下河辺全手続きオンライン化の流れ、利用者の利便性といった観点もありますが、何より利用者のアウティング(※)防止の重要性を感じていました

※アウティング:本人の了解を得ずに、本人が公開していない性的指向や性自認を第三者に公開すること

 

例えば、窓口のみの受付の場合、パートナーと二人で役所に出向く必要があります。職員や利用者の中に知り合いがいて、手続きを見られてしまえば、アウティングになります。

 

また、紙の証明書は、デジタルに比べて紛失したり見られたりする可能性が高まります。

 

アウティングのリスクを最大限抑えて、安心して利用できる制度にするため、全国初のオンライン化を実現することになりました。

 

鈴木全国初ということで、オンラインの申請システムもゼロから構築したと思うのですが、重視した点を教えてください。

 

下河辺何より重視したのは、アウティングを中心とした利用者の安心・安全です。

 

例えばですが、何かwebのサービスを利用しようとした時に「このアドレスは既に使用されています」と表示された経験はありませんか?

 

鈴木ありますね。

 

ログインできない時に、アドレスはこれで合ってるなら、パスワードを間違えたんだな、とわかって便利だなと思います。

 

下河辺まさにその辺りが一般のwebサービスと違うところで。この仕組みをそのまま用いるとアウティングのリスクが高まります。

 

極端な事例と思うかもしれませんが、アウティングをきっかけに自殺者が生まれるほど、当事者にとってはセンシティブな領域です。

 

少しでも制度に不安を感じたら、登録をしたくても躊躇してしまいます

 

利用者の安心・安全を守るために、アウティングのリスクがないか、登録制度の隅々まで検討を重ねました。

 

「当たり前」の違いに気づいた
ユーザーテストがもたらしたもの

下河辺重視したもう一つのポイントは「使いやすさ」です。

 

行政のサービスに対しては、「わかりづらい」「難しい」といったご意見をいただくことが多いです。

 

意図的に難しくしようとはしていませんが、どうしても自分たちだけでは気付けない部分があります。

 

そこで、開発の過程でユーザーテストを実施し、都民の皆さんに意見をいただいて、サービスを改善しました。

 

「『次へ』ボタンがどこにあるかわからない」「エラーメッセージがここに表示されると見づらい」といった細かな改善点だけでなく、「これって私が登録したら完了ですか?パートナーも別で登録が必要ですか?」といった根底の問題点も見えてきました。

 

ユーザーテストを経て、私たちは「ユーザー目線」でサービスを作るという意識が薄かったなと痛感しました

 

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
リディラバジャーナル編集部。「社会課題を、みんなのものに」をスローガンに、2018年からリディラバジャーナルを運営。
note
リディラバジャーナル編集部
noteのicon
動物の虐待摘発過去最多。「保護犬・保護猫」前進の裏で生まれる課題
2024年4月12日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
スクールカウンセラー約250人が雇い止め。子どもの心の健康を支える専門職なのに任期は1年?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2024年4月4日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
依存症の人に必要なのは「反省や刑罰」ではなく「治療と仲間」
2024年3月29日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「同性婚を認めないのは違憲」互いの違いを尊重できる成熟した社会へ
2024年3月18日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ! リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
能登半島地震、深刻なボランティア受け入れ態勢不足が課題
2024年3月8日

ニュースに潜む社会課題をキャッチ!リディラバジャーナル

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

続きをみる
学校の死亡事故の7割が国に未報告。求められる事故検証システム
2024年3月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「思いこみ」も背景に?女性管理職への道を阻むもの【なぜ少ない?学校教育現場の女性管理職】
2024年2月23日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。こちらの記事の最後には、全文無料で読める!「学校経営の新時代、女性管理職の可能性 ~ロールモデル・取り組み事例資料集~」もご紹介しています。ぜひご活用ください!

続きをみる
旭川いじめ事件から3年。再発防止が進まない訳は…
2024年2月16日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
DVから逃げられなくなる!?「共同親権」このまま進めて本当に大丈夫?
2024年2月2日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
「被災地へボランティアに行くのは迷惑?」悩んでいる人にこそ読んでほしい!【3.11から学ぶ。構造化特集を全記事お届け!】
2024年1月12日

みなさん、こんにちは。リディラバジャーナルです。

1月1日、能登半島地震が発生しました。亡くなられた方々に心よりお悔やみを申し上げますとともに、被害に遭われたすべての方にお見舞い申し上げます。

続きをみる
市販薬を覚せい剤代わりにする若者たち。その背景には孤独孤立か?
2023年12月22日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
万引きを繰り返すのは手癖が悪いのか、それとも?「万引き依存症」をご存知ですか?
2023年12月15日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
大学進学は親の財力やきょうだいの数によって左右されていいのか?
2023年12月11日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず。

続きをみる
反ワクチン情報を流す医師がいるのはなぜ?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年12月1日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
病院の約半数、公立病院は98%が赤字。診療報酬の引き下げは医療レベルの引き下げに?【ニュースから読み取る社会課題!リディラバジャーナル】
2023年11月24日

みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルです。

日々流れてくるさまざまなニュース。一見、局所的で自分とはかかわりのないように見えるニュースも、その出来事をとりまく社会課題を知ると、見え方が大きく変わってくるはず

続きをみる
構造化特集「地域医療」の内容を一部公開します
2023年6月9日

みなさんこんにちは、リディラバの鈴木です!今回は、リディラバジャーナルで公開中の構造化特集「地域医療」の冒頭をこちらのnoteでも公開します。何かあったら病院で治療が受けられる。私たちの「当たり前」を維持するために、様々な課題を抱えながら尽力する医療現場の姿を知ってもらえたら嬉しいです。


続きをみる
6月の構造化特集「地域医療」への思い
2023年6月9日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。

******みなさん、こんにちは!担当した構造化特集「地域医療 超高齢化社会に必要な『撤退戦』」が本日より公開となりました!今日は特集内には書いていない、特集に込めた思いをご紹介させてください。

続きをみる
子どもの発達障害、構造化マップを公開
2023年4月16日

※この投稿はリディラバジャーナルの会員限定FBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。*****みなさん、こんにちは!!!リディラバジャーナルの井上です。

今週はとても嬉しいことがあったので、ご報告させてくださいm(_ _)m

続きをみる
構造化。テーマは「子どもの発達障害」
2023年4月7日

この投稿はリディラバジャーナル会員限定のFBグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******みなさん、こんにちは!リディラバジャーナルの井上です。

早くも4月ですね。あっという間に過ぎ去る日々に「!?!?」という感じですが、今日も今日とて、リディラバジャーナルのご案内です。

続きをみる
編集部メンバーの想いを公開しました
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。******皆さん、こんにちは〜!

編集部の井上です。今日は、

続きをみる
「無戸籍」当事者の声を聞いてほしい。
2023年3月26日

※この記事はリディラバジャーナルの会員限定Facebookグループ「リディラバジャーナル企画室」からの転載です。ーーーみなさん、こんにちは!リディラバジャーナル編集部の井上です。

2〜3月は3年ぶりの構造化特集の復活ということで、「無戸籍」をテーマに構造化特集をお届けしてきました。

続きをみる
×
CONTENTS
intro
宮坂学副知事 インタビュー
no.
1
no.
2
指導検査手続きの全オンライン化
no.
3
指導検査手続きの全オンライン化
no.
4
行政手続の全面デジタル化
no.
5
no.
6