先生からの性暴力…男たちの「#MeToo」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
男たちの「#MeToo」:こぼれ落ちる性暴力被害
第二回

先生からの性暴力…男たちの「#MeToo」

前回の暗器使いさんに続き、取材に応じた男性(50代)が性暴力被害に遭っていたのは、中学校1年のとき。自らの被害体験について、赤裸々に告白してくれました。

 

※本記事では、男性の性暴力被害に触れています。実態をお伝えするために、生々しいエピソードがあるため、フラッシュバックやPTSD(心理外傷後ストレス障害)を懸念される方は、十分に注意しながらご覧ください。

 

「中学生の頃、私はバレーボール部に所属していました。あるとき、バレーボール部の顧問の先生にシャワー室に呼ばれて、一人でシャワーを浴びていたんです。何かが近づいてきたと思ったらその先生で、いきなりキスされた。結構ディープなもので、そのまま手淫されました。正直に言うと、気持ち悪いけど気持ち良くもあって、そのまま射精してしまいました」

 

 

それからは毎週のようにシャワー室に呼ばれるようになったと男性は話します。

 

「だんだん行為もエスカレートしていった。そのうち肛門性交もされるようになって……肛門性交は挿入するのがものすごく痛かった。毎回もう涙が出そうなぐらい痛かったです」

 

男性に性暴力被害の実態について話を聞きました。

 

ーー性暴力をしていたその先生は、どのような人だったんですか。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

男たちの「#MeToo」
全7回
1-2.先生からの性暴力…男たちの「#MeToo」