no.
5
問われる社会の認識
2018/7/9(月)
被害を訴える難しさ…男たちの「#MeToo」
2018/7/9(月)
no.
5
問われる社会の認識
2018/7/9(月)
被害を訴える難しさ…男たちの「#MeToo」
2018/7/9(月)
構造化特集 : 男たちの「#MeToo」
構造化の視点

社会的なムーブメントになった「#MeToo」。声を上げ

・・・もっと見る

社会的なムーブメントになった「#MeToo」。声を上げるのは女性であることが多いですが、男性のなかにも性被害者がいます。長らく不可視化されてきた男性の性被害者たちは何を語るのか。なぜ彼らは声を上げることができなかったのか。男性の性被害が社会問題化しない理由について、社会構造から考えます。

社会的なムーブメントになった「#MeToo」。声を上げるのは女性であることが多いですが、男性のなかにも性被害者がいます。長らく不可視化されてきた男性の性被害者たちは何を語るのか。なぜ彼らは声を上げることができなかったのか。男性の性被害が社会問題化しない理由について、社会構造から考えます。

社会的なムーブメントになった「#MeToo」。声を上げるのは女性であることが多いですが、男性のなかにも性被害者がいます。長らく不可視化されてきた男性の性被害者たちは何を語るのか。なぜ彼らは声を上げることができなかったのか。男性の性被害が社会問題化しない理由について、社会構造から考えます。


「性暴力の被害者というと、その多くが女性です。『#MeToo』の盛り上がりもあり、女性に対する性暴力であれば少しずつですが、社会に受け入れられつつある空気があります。ただ被害者が男性になると……なかなか伝わらず、声をあげても届かないと感じます」

 

そう話すのは、第1回の記事で自らの性暴力被害の体験を語った男性・暗器使い(Twitter上でのハンドルネーム)さん。男性の性暴力被害者が口をそろえるのは、被害そのものの“訴えづらさ”だ。

 

写真はイメージです。

 

性暴力被害について告白したインタビューでは、以下のようなやりとりがあった。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 男たちの「#MeToo」
×
CONTENTS
intro
性暴力被害者の苦悩
no.
1
no.
2
誤解される被害実態
no.
3
no.
4
問われる社会の認識
no.
5
no.
6
安部コラム
no.
7