残業だけど残業じゃない?給特法とは何か | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
教員の多忙化:学校現場のブラックな実態
第六回

残業だけど残業じゃない?給特法とは何か

「私は以前まで、教員のために給特法を堅持したほうがいいと思っていました」

 

そう語るのは、名古屋大学大学院教育発達科学研究科の准教授・内田良さん。教員の多忙化に関して調査研究、提言を行なっている。

 

教員の多忙化問題について、Yahoo!ニュース個人などでも積極的に情報発信をしている内田さん。

 

そんな内田さんだが、今では給特法が教員の多忙化に多大な影響を与えていると考えている。

 

実は、公立学校の教員には、1円も残業代が支払われていない。「月80時間」の過労死ラインを超えて残業する教員が、小学校で33.4%、中学校で57.7%もいるにもかかわらず、だ。

 

...

リディラバジャーナルの他の特集
教員の多忙化
全10回
3-1.残業だけど残業じゃない?給特法とは何か