国籍も年齢も問わない「夜間中学」の今 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
外国ルーツの子ども:まだ見ぬ多文化共生社会に向けて
第四回

国籍も年齢も問わない「夜間中学」の今

2019年3月初旬の夕方。東京都にある足立区立第四中学校では、部活動を終えた生徒たちが帰宅する中、午後5時半から「夜間学級」1時間目の授業がはじまる。

 

3〜10人ほどが一つの教室で授業を受ける。生徒たちの年齢や学年、国籍は多様だ。

 

Shutterstock.com

 

各教室の黒板に書かれた時間割には「日本語」の授業が並ぶ。

 

1時間目 日本語

2時間目 日本語

3時間目 体育

4時間目 卒業生を送る会の準備

...

リディラバジャーナルの他の特集
外国ルーツの子ども
全6回
2-2.国籍も年齢も問わない「夜間中学」の今