生活保護、利用に立ちふさがる“もう一つの壁” | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
6
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
2019/7/16(火)
生活保護、利用に立ちふさがる“もう一つの壁”
2019/7/16(火)
Display %ef%bc%94
no.
6
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
2019/7/16(火)
生活保護、利用に立ちふさがる“もう一つの壁”
2019/7/16(火)
構造化特集 : 生活保護バッシング
構造化の視点
Icon triangle right

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それに

・・・もっと見る

いまや社会的に定着してしまった生活保護への偏見。それにより、最低限の生活基準に満たない経済状況で過ごしているにもかかわらず、生活保護の利用を敬遠する人たちがいます。本特集では、生活保護の実態と課題、そして生活保護バッシングが発生する背景を「構造化」します。

Display frame 5 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

「私には、生活保護を利用することが“恥”だという意識はほとんどありませんでした」

 

そう話す元生活保護利用者である和久井みちるさんだが、自身がこれまでに出会った生活保護利用者およそ100人の大半が「利用に恥を感じていたのではないか」という。

 

「生活保護は、困ったときに助けてもらうだけで、決して楽をしているわけではありません。むしろそれしか手段がない。もしも助けがいらなくなったら、今度は自分が助ける側に回ればいいし、それだけのことじゃないかなと思うんですが」

 

 

現実には、利用しながら恥を感じるだけでなく、生活に困窮しながらも恥を優先し、利用しない人も多い。

 

「でも、そんな世の中でいいのかなと思うんです。本当に問題なのは、生活保護を必要とする人たちが大勢いることやその原因なのではないでしょうか」

一部で横行する行政での水際作戦

和久井さんは、およそ10年前、日常的に暴力をふるう夫から逃れるために、当時住んでいたマンションを飛び出した。

 

貯金を持って逃げ出したものの、新たな暮らしを送って間もなくお金は底をつきかけた。

 

パートで働きながらより高い収入を得ようと求職活動も続けていたが、夫からの暴力が原因でうつ病に。通院のための医療費もかさみ、いよいよ生活が立ち行かなくなった。そこで、市役所の窓口に相談に訪れた。...

構造化特集 : 生活保護バッシング
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
生活保護バッシングが生む弊害
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
イメージで語られがちな生活保護の実態
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
no.
7
Icon folder
People
「ジャンパー事件」から2年、小田原市の改革
no.
8
Icon folder
no.
9
Icon folder
no.
10
Icon folder
People
安部コラム
no.
11
Icon folder