【上原大祐×安部敏樹】トイレから考える、障害者の不便な現実 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
「×リディラバジャーナル」コンテンツ:スペシャル対談
第三回

【上原大祐×安部敏樹】トイレから考える、障害者の不便な現実

元パラリンピック銀メダリストアスリートの上原大祐さんは、生まれながらの障害を持つ車椅子ユーザー。

 

障害者と健常者の共創を目指しNPO法人D-SHiPS32の代表を務め、障害者の理解促進にも取り組んでいる。

 

可視化されづらい障害者の不便や障害者側の課題、障害者から見た東京五輪への懸念などについて、リディラバ安部が聞いた。

多目的トイレは“多目的すぎる”

 安部敏樹  今回、障害者を取り巻くさまざまな不都合について、当事者である上原さんに伺いたいんですが、まずは「日本でのバリアフリー、全然足らないでしょう!」という心の叫びを聞きたいなと。いろいろな場面でそう感じる機会は多いと思うんですが。

 

 上原大祐  日本でのバリアフリーは進んできているとは思うんですね。ただその多くがポーズになってしまっていると感じます。

 

たとえば、僕のような車椅子ユーザーが使うトイレは「多目的トイレ」とか「だれでもトイレ」というものです。でもあれ、僕ら当事者からすると、「“多目的すぎる”トイレ」「“だれでもすぎる”トイレ」なんです。

 

 

 安部  どういうことですか。

 

 上原  ああいうトイレは、複数のマーク付いているじゃないですか。車椅子マーク、ベビーカーマーク、ご高齢者マーク、妊婦さんマーク……。

 

用を足したり、おむつ替えをしたりするのに数十分かかるなど、とにかく時間がかかる人たちが使うわけです。そういう人たちを1カ所に押し込んでしまっている。

 

さらに健常者も使えてしまう。だって、「だれでもトイレ」という名前だから。もちろん、LGBTの人たちとかにとって必要な場ではあるんですけどね。

 

 安部  ただでさえ時間がかかる方と、さらに健常者も使えるとなると、なかなか空いてない。

 

 上原  そうなんですよ。健常者はトイレに入ったら、選択肢がいくつかあるわけじゃないですか。

 

それが、「多目的トイレ」は大体どこも一つしか用意されていないから、僕らは常に1択しかない。なのに健常者に使われてしまっていることもあって、それはやっぱり健常者にとって完全に他人事だからだなと。...

「×リディラバジャーナル」コンテンツ
全5回
2-1.【上原大祐×安部敏樹】トイレから考える、障害者の不便な現実