私たちの税金がリサイクルを止めている? ごみ処理費用とフードロスの関係 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
フードロス:年間621万トンの真実
第四回

私たちの税金がリサイクルを止めている? ごみ処理費用とフードロスの関係

 


この図が示すのは、工場などの事業者がごみを出す際に払う値段です。

同じ東京都の中でも、値段が倍以上も異なりますね。
この違いの理由はいたってシンプル、税金の投入額です。
つまり、税金を投入すればするほど、事業者の支払う金額は低くなるのです。


 

今回のテーマは、〇の部分である加工から小売の間に発生するフードロスの行方です。

冒頭で紹介したごみ処理料金が、実は発生したロスの行き先に大きな影響を及ぼします。

私たちの税金によって、ロスが有効活用されにくくなっている現状を調査しました。...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 フードロス:年間621万トンの真実 全10回
0章 はじめに
1章 生産→加工
2章 加工→小売
3章 小売→消費
4章 消費
5章 リユース・リサイクル
6章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
フードロス
全10回
2-2.私たちの税金がリサイクルを止めている? ごみ処理費用とフードロスの関係