リディラバ安部が考える社会的養護の課題 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
児童養護施設:孤立の連鎖を断ち切る
最終回

リディラバ安部が考える社会的養護の課題

みなさん、こんにちは。

リディラバ ジャーナル編集長の安部です。

 

今回の特集「児童養護施設―孤立の連鎖を断ち切る―」はどうでしたか。

 

本特集では、以前取り上げた特別養子縁組の特集に隣接する問題として、児童擁護施設に入る子ども達の一連の流れを構造化しました。改めて社会的養護に関わるテーマを取り上げたのは、それだけ社会的養護というテーマがあらゆる社会問題につながるからです。

 

子どもたちの問題の多くは、大人が代弁しない限り社会に届きません。世代を超えた格差の固定や問題の継承を防ぐには、家庭で十分にサポートを受けられなくなった子どもたちへの我々の向き合い方が試されています。

10代の子どもの望まぬ若年妊娠や進学率の低さを、大人が放置している

まず施設に入所する子どもたちの背景を見ていくと、家庭がそもそも孤立している。そうした家庭には、単身、低学歴、低所得などの特徴があります。

 

また、意図しない若年妊娠のケースもあります。若年妊娠は自己責任と批判されがちですが、性教育や避妊法へのアクセスの悪さなど、社会の側に課題が山積しているという認識を共有したいと思っています。(こちらは別の特集で取り上げているのであわせてお読みいただければ幸いです。)

 

...

特集 児童養護施設:孤立の連鎖を断ち切る 全12回
0章 はじめに
1章 児童養護施設の入所背景
2章 児童養護施設にたどり着くまで
3章 児童養護施設の内実
4章 児童養護施設からの巣立ち
5章 児童養護施設に入れなかった子どもたち
6章 安部コラム
児童養護施設
全12回
6-1.リディラバ安部が考える社会的養護の課題