no.
8
学校外の居場所を確保する
2020/1/7(火)
公設民営の子どもの居場所づくりの可能性
2020/1/7(火)
no.
8
学校外の居場所を確保する
2020/1/7(火)
公設民営の子どもの居場所づくりの可能性
2020/1/7(火)
構造化特集 : 不登校
構造化の視点

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の1

・・・もっと見る

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。

今、少子化にもかかわらず、不登校の子どもは過去最多の16万人を超えます。また「学校問題」を理由に自殺してしまう子どもが毎年います。そんな現状を踏まえ、「学校に行かなくてもいい」と言われるようになりましたが、学校に行かない子どもの居場所は担保されているのでしょうか。不登校の子どもを取り巻く構造から学校を絶対視する価値観を問い直します。


不登校の子どもが増えているなかで、自治体も「学校」以外の居場所づくりを担っている。不登校の子どもの支援における教育委員会と民間団体との連携はまだまだ広まっていないが、公設民営の不登校の子どものための居場所もある。

 

こうした連携にはどのような効果や課題があるのか、自治体が関わる不登校支援の取り組みを見ていく。

 

日本初の公設民営のフリースクール

公設民営型の不登校の子どもの“スクール”を日本ではじめて導入したのは大阪府池田市だ。元市長の声がけにより、NPO法人トイボックス(大阪府大阪市)が運営するフリースクール「スマイルファクトリー」が誕生。現在まで16年間続いている。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 不登校
×
CONTENTS
intro
学校に行くのは当たり前なのか
no.
1
no.
2
保護者を支える
no.
3
no.
4
学校からの不登校支援
no.
5
no.
6
学校外の居場所を確保する
no.
7
no.
8
no.
9
通信制高校の現在
no.
10
安部コラム
no.
11