no.
4
福祉事業所
2018/4/12(木)
働くための能力とは? 障害者の「能力開発」の現場における課題
2018/4/12(木)
no.
4
福祉事業所
2018/4/12(木)
働くための能力とは? 障害者の「能力開発」の現場における課題
2018/4/12(木)
構造化特集 : 障害者雇用
構造化の視点

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は

・・・もっと見る

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。


障害のある人が企業への就職を目指す際、ときには企業の求める水準まで「能力開発」をする必要がある。

 

能力開発の重要な場となるのが、障害福祉サービスを提供する事業所だ。

 

だが、この事業所のあり方にも、障害者雇用の「障壁」となるものがあることが取材を通してわかった。

 

今回から2回にわたって事業所の抱える問題や解決策をみていく。

 

 

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 障害者雇用
×
CONTENTS
intro
働くを考える
no.
1
企業
no.
2
no.
3
福祉事業所
no.
4
no.
5
橋渡し
no.
6
当事者
no.
7
no.
8
社会
no.
9
安部コラム
no.
10