働くための能力とは? 障害者の「能力開発」の現場における課題 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
ログイン
特集
障害者雇用:私たちにも“キャリア”をください。“障害”から見る「生きる」と「働く」
第四回

働くための能力とは? 障害者の「能力開発」の現場における課題

障害のある人が企業への就職を目指す際、ときには企業の求める水準まで「能力開発」をする必要があります。

能力開発の重要な場となるのが、障害福祉サービスを提供する事業所です。

 

ですが、この事業所のあり方にも、障害者雇用の「障壁」となるものがあることが取材を通してわかりました。

 

今回から2回にわたって事業所の抱える問題や解決策をみていきます。

 

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、10日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 障害者雇用:私たちにも“キャリア”をください。“障害”から見る「生きる」と「働く」 全10回
0章 はじめに
1章 働くを考える
2章 企業
3章 福祉事業所
4章 橋渡し
5章 当事者
6章 社会
7章 安部コラム
リディラバジャーナルの他の特集
障害者雇用
全10回
3-1.働くための能力とは? 障害者の「能力開発」の現場における課題