家族の理解が支える、障害のある人の「働く」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
8
People
当事者
2018/4/18(水)
家族の理解が支える、障害のある人の「働く」
2018/4/18(水)
Display shutterstock 610866656
no.
8
People
当事者
2018/4/18(水)
家族の理解が支える、障害のある人の「働く」
2018/4/18(水)
構造化特集 : 障害者雇用
構造化の視点
Icon triangle right

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は

・・・もっと見る

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。

Display frame 2 min

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。

一定の規模がある民間企業や国・地方自治体などの事業主は「障害者雇用促進法」に基づき、従業員の一定割合以上の身体・知的・精神障害者を雇うことが義務付けられています。しかし、実態が伴わず、形骸化されている現実もあります。企業や福祉、当時者、そして社会のステークホルダーの視点から、障害者雇用を「構造化」します。

Display frame 2 min
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Content icon open article index

「私もそうだったんですけれど、家族の『何もしなくていいから』という言葉でディスエンパワーメント(無力化)されることがあるんですよね」

 

そう語るのは、障害者の声を集めて政策提言などを行う、認定NPO法人DPI日本会議(東京都千代田区)で働く鷺原由佳さん。鷺原さん自身も精神障害を抱えている。

 

自身の経験を語る鷺原さん。

 

障害がある人が企業で働く際、親をはじめとする家族の存在は大きな影響力を持つ。多くの家族が当事者のことを想っていますが、その愛情や、大切に想うがゆえの言動が「障壁」となることも。

 

取材を通して特に聞かれたのが、精神障害、知的障害のある人と家族の関係の難しさであった。

 

そこで今回は、精神障害、知的障害のある人を中心に、当事者を取り巻く家族のあり方について考えていく。

 

※リディラバ会員登録はコチラ
構造化特集 : 障害者雇用
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
働くを考える
no.
1
Icon folder
People
企業
no.
2
Icon folder
no.
3
Icon folder
People
福祉事業所
no.
4
Icon folder
no.
5
Icon folder
People
橋渡し
no.
6
Icon folder
People
当事者
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
社会
no.
9
Icon folder
People
安部コラム
no.
10
Icon folder