ログイン
特集
不認定率99.8%:日本の中にある「難民問題」
第七回

難民に対する「無関心」が「偏見」を生む

「何らかの事情で自国を逃れざるを得なかった難民の多くは、いつかは生まれ育った国に帰りたいと思っています。それでも帰れない人たちを国際社会で保護しようというのが難民条約です。その難民条約に日本は批准している。難民の受け入れは、その国の人権問題に対する姿勢を測るバロメーターだと言われますが、日本はとても残念な状況です」


35年にわたり、難民支援に携わってきたカトリック東京国際センター(東京都品川区)の有川憲治さんはそう話します。

Shutterstock.com

 

日本における2017年の難民認定申請数は1万9629人、難民として認定されたのはわずか19人です。認定率は0.2%であり、「難民に対して鎖国している」などと国内外から批判を浴びています。

無関心から偏見に

難民の受け入れは、日本政府だけでなく、日本社会として問われている問題でもあります。しかし、多くの日本人にとって難民という存在は身近ではなく、日本が「難民鎖国」と海外メディアから批判されている事実も、あまり知られていません。

 

そんな日本社会において、「難民」はどのような認識をされているのでしょうか。

...

有料会員になると続きをお読みいただけます

リディラバジャーナルは有料会員制メディアです。いま登録すると、30日間無料でお読みいただけます。

もっと詳しく

特集 不認定率99.8%:日本の中にある「難民問題」 全10回
0章 はじめに
1章 「難民保護」より優先される「入国管理」
2章 厚くて高すぎる「難民認定」のハードル
3章 難民政策の欠陥が生む弊害と日本社会
4章 安部コラム
不認定率99.8%
全10回
3-1.難民に対する「無関心」が「偏見」を生む