no.
2
刑務所内の支援
2018/5/23(水)
「指示がなければ動けない」刑務所と社会のギャップ
2018/5/23(水)
no.
2
刑務所内の支援
2018/5/23(水)
「指示がなければ動けない」刑務所と社会のギャップ
2018/5/23(水)
構造化特集 : 出所者の社会復帰
構造化の視点

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑

・・・もっと見る

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑務所を出所した人のうち、5年以内に再び刑務所に入所する人の割合は約50%に上ります。彼らはなぜ再犯してしまうのか。特集では、犯罪に至るまでの課題、刑務所の課題、そして社会復帰の課題を見ていきます。

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑務所を出所した人のうち、5年以内に再び刑務所に入所する人の割合は約50%に上ります。彼らはなぜ再犯してしまうのか。特集では、犯罪に至るまでの課題、刑務所の課題、そして社会復帰の課題を見ていきます。

刑法犯の認知件数は減少しつづける一方で、刑期を満了し刑務所を出所した人のうち、5年以内に再び刑務所に入所する人の割合は約50%に上ります。彼らはなぜ再犯してしまうのか。特集では、犯罪に至るまでの課題、刑務所の課題、そして社会復帰の課題を見ていきます。


「高齢の出所者の方だったらしいのですが、信号が青になったのに横断歩道を渡れないという話を聞きました。なぜかというと、『指示がないから』。刑務所内では、刑務官から『歩け』とか『右向け』といった指示を受け続けます。なので、出所後、指示がない環境に身を置くと、まともに社会生活を送れないケースもあるのです」

 

こう話すのは、日本財団「職親プロジェクト」担当の廣瀬正典さん。

職親プロジェクトとは再犯防止のため、刑務所出所者に就労の機会や教育を提供する取り組みです。企業が参加し、出所者に働く場と住居を提供しています。

 

刑務所内の実情について話す廣瀬さん。


廣瀬さんは2013年の発足当初から職親プロジェクトに携わるなかで、刑務所内が社会とかけ離れていることに問題意識を持ちました。

...

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 出所者の社会復帰
×
CONTENTS
intro
出所者の背景
no.
1
刑務所内の支援
no.
2
no.
3
出所者と社会
no.
4
no.
5
出所者の就労
no.
6
安部コラム
no.
7