no.
1
生産→加工
2018/2/2(金)
「誰も把握していない」見逃され続けた食品ロスに迫る
2018/2/2(金)
no.
1
生産→加工
2018/2/2(金)
「誰も把握していない」見逃され続けた食品ロスに迫る
2018/2/2(金)
構造化特集 : 食品ロス
構造化の視点

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロ

・・・もっと見る

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。

食べることができるにもかかわらず廃棄される食品「食品ロス」。日本では年間600万トンを超えている。ではなぜ食品ロスが発生するのか。どうしたらロスした食品を再活用できるのか。食品ロスの構造的実態を明らかにする。


 


 

 

今回から9回にわたり特集するのは、まだ食べられる食品を廃棄してしまう「食品ロス」問題。


食品が生産されるところから、私たちが消費するまで、それぞれの場面でどのような構造によりロスが発生しているのか。
 

国の政策として食品ロス問題に取り組む農林水産省、食品の生産現場である漁業や畜産業の現場、スーパーマーケットやコンビニエンスストアといった小売の現場、廃棄食品から豚のエサを作るリサイクル工場など様々な立場から食品ロスと向き合う関係者へのインタビューをもとに調査した。

 

今回は上の図の〇の部分である生産から加工の間でロスが発生する原因と、そのロスの行方について特集する。

 

さっそくだが、皆さんが「食品ロス」という言葉を聞いたときに思い浮かべるのはどんな場面か。

※リディラバジャーナルについてもっと知りたい方はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 食品ロス
×
CONTENTS
intro
生産→加工
no.
1
no.
2
加工→小売
no.
3
no.
4
小売→消費
no.
5
消費
no.
6
リユース・リサイクル
no.
7
no.
8
no.
9
安部コラム
no.
10