リディラバ安部が考える「児童ポルノ問題」 | Ridilover Journal(リディラバジャーナル)
no.
9
People
安部コラム
2020/2/6(木)
リディラバ安部が考える「児童ポルノ問題」
2020/2/6(木)
Display %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 12 04 13.41.43
no.
9
People
安部コラム
2020/2/6(木)
リディラバ安部が考える「児童ポルノ問題」
2020/2/6(木)
構造化の視点
Icon triangle right

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。20

・・・もっと見る

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

Display 37.%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8e

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

世界的にも長らく問題とされてきた児童ポルノの存在。2020年を迎えてもなお、児童ポルノをめぐる問題は解決していません。それどころか、スマートフォンやSNSの普及による自撮り被害という新たな問題も生まれ、いま児童ポルノを取り巻く状況は新たなフェーズを迎えています。児童ポルノを取り巻く新たな問題に迫ります。

Display 37.%e5%85%90%e7%ab%a5%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%8e
Icon triangle bottom
Icon triangle bottom
Icon open index

リディラバジャーナル編集長の安部です。

 

今回の特集は「児童ポルノ」をテーマに、子どもが「ポルノ」として消費されてしまう実態や課題について取り上げました。

 

この特集を配信している間に、CGを児童ポルノとしてみなす有罪判決が出ました。

 

これは、実在する児童の写真をもとにCG(コンピューターグラフィックス)で裸の女児を描写した創作物が、児童ポルノにあたるかどうかが問われた裁判でした。

 

最高裁は、実在する児童の写真を素材にしたわいせつなCGは児童ポルノに該当すると指摘。CGが児童ポルノとして摘発された初のケースでしたが、被告の上告を退ける決定をしたことで、有罪が確定しました。

 

CGでつくられた児童ポルノは、どこからどこまでがリアルなのかを判別することが難しくグレーとされていたため、こうした判決が出たことは大きな一歩と言えます。

 

しかし、児童ポルノという問題全体の解決の道はまだまだ見えていません。

 

今回の特集を通じて私が感じたことは大きく2つあります。それは、加害者研究が進んでいないことと、児童ポルノという問題の切り取り方です。 ...

※リディラバ会員登録はコチラ
オンラインコミュニティ会員はこちら
Banner
×
CONTENTS
intro
Icon folder
People
子どもが児童ポルノとして“消費”されるまで
no.
1
Icon folder
no.
2
Icon folder
People
法的観点から見た児童ポルノをめぐる問題
no.
3
Icon folder
no.
4
Icon folder
People
児童ポルノは実加害の引き金になるか
no.
5
Icon folder
no.
6
Icon folder
People
児童ポルノの流通を防ぐために
no.
7
Icon folder
no.
8
Icon folder
People
安部コラム
no.
9
Icon folder