no.
2
ボランティアの巻き込み
2018/3/30(金)
災害ボランティア、初動で動ける組織の特長とは?
2018/3/30(金)
no.
2
ボランティアの巻き込み
2018/3/30(金)
災害ボランティア、初動で動ける組織の特長とは?
2018/3/30(金)
構造化特集 : 被災地とボランティア
構造化の視点

被災地では、災害発生直後だけではなく、復興段階において

・・・もっと見る

被災地では、災害発生直後だけではなく、復興段階においても多くの人々が関わる必要があります。そして、初期段階でのボランティアとしてのかかわりが継続的な地域へのかかわりにつながります。本特集ではそうした復興段階を踏まえた上でのボランティアの初動という観点から、東日本大震災を振り返ります。

被災地では、災害発生直後だけではなく、復興段階においても多くの人々が関わる必要があります。そして、初期段階でのボランティアとしてのかかわりが継続的な地域へのかかわりにつながります。本特集ではそうした復興段階を踏まえた上でのボランティアの初動という観点から、東日本大震災を振り返ります。

被災地では、災害発生直後だけではなく、復興段階においても多くの人々が関わる必要があります。そして、初期段階でのボランティアとしてのかかわりが継続的な地域へのかかわりにつながります。本特集ではそうした復興段階を踏まえた上でのボランティアの初動という観点から、東日本大震災を振り返ります。


時には「意識高い系」と、否定的なニュアンスで語られる社会貢献活動を行う学生団体。さらには日本ではあまり注目を集めることのない宗教団体。

 

7年前の東日本大震災の際、こうした組織が被災地支援において活躍していた。

 

前回の記事で初動で人を巻き込むことの重要性を紹介しましたが、今回の記事では初動が早く、多くの人を巻き込める組織にはどのような特長があるのかを見ていく。

※リディラバ会員登録はコチラ
編集長からのメッセージ
構造化特集 : 被災地とボランティア
×
CONTENTS
intro
ボランティアの巻き込み
no.
1
no.
2
ボランティア活動の開始
no.
3
ボランティアの継続
no.
4
新たに人を呼び込むための情報発信・口コミ
no.
5
地域との長期的な関与
no.
6
安部コラム
no.
7